beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]チーム紹介:聖和学園高(宮城)

このエントリーをはてなブックマークに追加

第94回全国高校サッカー選手権

聖和学園高(宮城)

聖和学園高関連ニュース

▼全国大会日程
1回戦 vs野洲高(滋賀)

■出場回数
2年連続3回目

■監督
加見成司

■主将
DF丹野裕太

■今季成績
[総体](県準優勝)
決勝 1-2(延長)東北高
[リーグ戦]
プリンスリーグ東北3位(12勝3分3敗)
[新人戦(14年11月)]
県4強

■予選成績
2回戦 7-0 富谷高
準々決勝 1-0 仙台商高
準決勝 4-2 利府高
決勝 3-2(延長)宮城県工高

■都道府県予選決勝布陣&レポ
[4-5-1]
      奥野裕斗
波田野海 高橋勇太 小野直哉
   菊谷篤資 半田皓介
釼持雅也        小池慶尚
   丹野裕太 竹田将起
      武田光
[レポート]
 左サイドのSB釼持雅也やMF半田皓介を軸に攻める聖和学園は前半19分、ファーストタッチでDFを外したMF波田野海が左足で先制ゴール。だが30分、宮城県工は左サイドを崩してFW佐藤祐太が同点ゴールを奪う。1チャンスを決められて同点に追いつかれた聖和学園はFW奥野裕斗のシュートがポストを叩くなど勝ち越せずにいると後半29分、FKから宮城県工の1年生MF阿部友祐にヘディングシュートを決められた。それでも後半終了間際にMF菊谷篤資の起死回生の一撃で追いついた聖和学園は延長前半4分にも波多野が個人技から鮮やかな左足シュートを決めて3-2で逆転勝ちした。


■チーム紹介
攻撃に幅もたせた「東北のドリブル軍団」
 「見ている人もプレーしている選手も楽しめるチーム」を目指す東北のドリブル軍団。北は北海道、南は九州から集まったドリブラーたちがそのテクニックをピッチで表現する。今年はプリンスリーグ東北開幕8試合で16得点を記録していたエースFW谷田光の負傷離脱もあってロングボールも活用しながらの攻撃。GKから徹底してドリブル、ショートパスでボールを運ぶ攻撃から幅が広がり、多彩な攻めで得点を量産することが可能になっている。MF半田皓介やMF波田野海らが見せる突破、アイディアは必見だ。過去2度の選手権はいずれも初戦突破。組み合わせ抽選会でCB丹野裕太主将が「『野洲、引いてこい』と言われたので、多分みんな喜んでいますね」と笑った野洲高(滋賀)との初戦は勝負とともに「どちらが巧いか」にも注目だ。

高校サッカー漫画『DAYS』の主人公、“泥臭くチームのために献身的に走る”1年生FW柄本つくしのような選手たちを川端暁彦氏がピックアップ!
■[DAYS×ゲキサカ連動企画]全48出場校の「つくし」を探せ!
駆け上がってきたMF。「何か」を起こす左足
MF菊谷篤資(3年)
「リーグ戦のメンバー落ちという苦しい時期も経て、スーパーサブとして定着。ところが、選手権県予選では負傷した木部大嗣に代わって先発のピッチに立ち、終了間際の起死回生同点弾をたたき込んだ。選手権では先発でも途中出場でも、その左足で『何か』を起こすはず」

■編集部イチオシ選手
巧いヤツラのエース
MF半田皓介(3年)
「エースナンバー『14』を背負うMFはテクニシャン揃う聖和の中でも巧さ光るボランチだ。彼がいかにボールに触り、攻撃を組み立てられるかがチームのポイント」

■注目選手
MF波田野海(3年)
└県決勝で決めた2ゴールはいずれも絶妙なファーストタッチからDFを外して決めたゴール。抜く技術持つフィニッシャーだ
FW奥野裕斗(3年)
└総体まではDF。ボディコンタクトの強さとタイミングいい抜け出しに注目
DF釼持雅也(3年)
└馬力十分のドリブルで左サイドに穴を開ける超攻撃的SB

■過去の全国大会成績
【14年度(2回戦敗退)】
1回戦 4-1 秀岳館高(熊本)
2回戦 0-3 尚志高(福島)
【11年度(2回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK4-3)香川西高(香川)
2回戦 1-2 近大附高(大阪)

■登録メンバーリスト
1 GK 武田光(3年)
2 DF 新井誠也(3年)
3 DF 竹田将起(3年)
4 DF 釼持雅也(3年)
5 DF 丹野裕太(3年)
6 DF 小池慶尚(3年)
7 MF 木部大嗣(3年)
8 MF 諌山敢太(3年)
9 MF 波田野海(3年)
10 FW 谷田光(3年)
11 MF 森元仁太(3年)
12 GK 吉田龍生(2年)
13 DF 金須恭弥(3年)
14 MF 半田皓介(3年)
15 FW 西堀駿太(2年)
16 MF 小野直哉(3年)
17 MF 菊谷篤資(3年)
18 MF 高橋勇太(3年)
19 MF 橋本創(3年)
20 FW 奥野裕斗(3年)
21 GK 中井仁史(3年)
22 MF 五藤大雅(3年)
23 DF 鈴木大輔(3年)
24 MF 冨岡侑平(3年)
25 MF 片岡潤也(2年)
26 DF 赤尾昂輝(1年)
27 MF 山名理貴(1年)
28 DF 鈴木利基(1年)
29 MF 菊野周作(1年)
30 DF 高野恭多(2年)

【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ

TOP