beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[大学選手権]相手コーチは幼稚園時代からの恩師…MVP関学大主将DF井筒が運命的な恩返し

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.19 大学選手権決勝 阪南大0-4関西学院大 駒場]

 大会最優秀選手には、優勝した関西学院大の主将DF井筒陸也(4年=初芝橋本高、徳島ヴォルティス内定)が選ばれた。井筒は「自分は何もしていない」と謙遜しながらも、「みんなのおかげで取らせてもらった」と笑顔を見せた。

 巡り合わせに運命を感じずにはいられなかった。幼稚園からサッカーを始めた井筒は、出身地の大阪市南部地区のサッカークラブ、エルバFCでプレーしていた。そこの監督で中学校まで指導を受けていたのが、この日、阪南大のGKコーチとしてベンチに座っていた中島亮氏だった。

 中島氏とは和歌山県の初芝橋本高に進学後も関係性は続く。なんと、たまたまのタイミングでGKコーチに招聘されたのだ。そして、大学進学後も選抜チームで再び一緒のチームになるなど、偶然とはいえ、不思議な縁を感じさせる関係性が続いた。

 迎えた大学生活最後の一戦。インカレ前には恩師から「絶対阪南は上がっていくから、そこでもう一回お前をつぶしに行く」と宣戦布告されていたという井筒。「昨日も『LINE』を貰ったんです。いい試合をしようなと。絶対勝ちますと返しましたよ」。そんなやり取りをしたことを嬉しそうに明かした。

 試合後は固い握手で健闘を称えあった2人。「次も頑張れよと言ってもらえた」。次。大学年間タイトルを総なめにしたチームを引っ張った“伝説の主将”は、次なる舞台、Jリーガーとしての活躍をしっかり見据えている。「徳島はずっと自分を見てくれていた。自分はまだまだ100%を出せていないと感じる。常に100%を出していけるサッカー選手になりたい」。誓ったプロでの飛躍。今後はステップアップを続けることが恩師への恩返しになる。

(取材・文 児玉幸洋)
●第64回全日本大学選手権特集

TOP