beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]「東京五輪世代の逸材集結!冬の主役候補たちvol.3」東福岡MF中村健人(3年)_威風堂々、ヒガシの先頭に立つ男

このエントリーをはてなブックマークに追加

第94回全国高校サッカー選手権

 MF中島賢星(現横浜FM)、MF増山朝陽(現神戸)ら偉大な先輩達が卒業し、「今年のヒガシは厳しいのではないか」という声もあった。当然、その声は東福岡高の新キャプテンとなったMF中村健人の耳にも届いていた。

「悔しかったけど、それは結果で示すしかない。去年は去年の良さがあるけど、今年は今年の良さがある。去年のプレッシャーがある分、僕ら一人一人が責任感を持てたと思う」。

 1学年上の先輩はJリーガー2人を輩出し、全国高校総体優勝を果たすなど、強烈なインパクトを残した代だっただけに、比較される事実を彼はしっかりと受け止めていた。だからこそ、去年の残像に惑わされること無く、自分たちがやるべきことを徹底で来た。その先頭にいたのが、中村だった。

「今年の良さはボールポゼッションが出来ること。派手さは無いけど、一人一人が距離感を意識して、ワンタッチ、ツータッチでパスを出せるのは、去年には無い強みだと思う。そこを信じて戦おうと思った」。

 彼と2年生MF藤川虎太朗のツーシャドーは、文字通りチームの『心臓』となった。中でも中村は密集地帯でもボールを持ってヘッドダウンすることなく、正確なパスとワンタッチプレーをこなすことが出来、攻撃のリズムを作り出す。さらに狭い局面から正確なミドルパスで、ワイドアタッカーを巧みに操るなど、チームのコントロールタワーとして君臨する。彼の機転の利いた正確なプレーにより、両ワイドの強烈な個を最大限に利用した去年のサッカーとは違う、テンポよくバイタルエリアを攻略して、多彩なフィニッシュに繋げる攻撃を構築。昨年同様の破壊力を生み出した。

 今年の全国総体で彼はその才を存分に発揮し、チームを快進撃に導いた。決勝では市立船橋高と延長戦、PK戦までもつれ込む死闘を演じる中で、ハイレベルなプレーを披露し続けた。そしてPK戦の末に勝利し、「厳しい」と言われていたチームは、全国総体2連覇という大偉業を成し遂げた。

「決勝ではキツい中でも、最後まで冷静にプレーすることが出来た」。夏を経てより逞しくなった彼は、精神的支柱として、チームの心臓として、その存在感を増し続けている。プレミアリーグウェストでも2位でフィニッシュ。昨年のチームは7位だっただけに、大躍進に大きく貢献をした。

 3年生の彼に残された大会は選手権のみ。昨年を凌駕する成績を残しているチームの心臓は、心身ともに逞しくなってこの大会に臨もうとしている。もう、「厳しい」とは言わせない。「ここ最近を見ても、一番伸びたチーム」と森重潤也監督に言わしめた、逞しくなった今年のヒガシの先頭には、常に威風堂々とした中村健人の姿がある。

(取材・文 安藤隆人)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ

TOP