beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]Aブロック展望~前年王者・星稜に曲者たちが挑む~

このエントリーをはてなブックマークに追加

第94回全国高校サッカー選手権

[Aブロック展望]
星稜高玉野光南高札幌大谷高鹿児島城西高中京大中京高初芝橋本高藤枝東高香芝高各務原高佐賀北高正智深谷高明徳義塾高


 前年王者である星稜(石川)を中心とした戦いが予想される。昨年末に負った自動車事故の影響により河﨑護監督が指揮を執れず、全国総体までは波に乗れない試合が続いたが、9月に指揮官がベンチに戻ってからはMF大橋滉平を中心にした戦いを整備。MF川渕陸、FW窪田翔ら2年生の成長も相まって、急速に状態を上げており、4年連続での4強入りも果たしても全く不思議ではない。ただ、初戦の2回戦で対戦する玉野光南(岡山)は厄介な相手だ。地区予選の決勝でスーパーゴールを決めたFW土居晃貴に目が行きがちだが、主将のDF西中竜斗、MF塩田晃大と各所にタレントが揃い、力十分。FW新地猛のロングスローという飛び道具も備えていることも手強さに拍車をかける。

 2チームの勝者に3回戦で挑む候補も曲者が揃う。創部7年目の札幌大谷(北海道)は中盤にMF西野尾基陽大山武蔵といった実力者を揃える好チーム。鹿児島城西(鹿児島)もGK下野和哉、DF生駒稀生、MF亀井海凪人らを中心とした守備の安定感が光り、大崩れは少ない。Mr.グランパス、岡山哲也監督率いる中京大中京(愛知)も最後まで走るハードワークをベースとした戦いには定評有り。県予選では毎試合、得点を奪ったMF石川将暉が全国でも力を発揮できれば上位入りも期待できる。夏以降、MF川中健太、FW山本遼人を中心としたカウンタースタイルに磨きをかけた初芝橋本(和歌山)も虎視眈々と選手権での勝利を狙っており、前年王者の星稜ですら気が抜けない戦いを強いられそうだ。

 反対の山では藤枝東(静岡)に注目だ。今春に就任したばかりの小林公平監督は、同校OBで大井健太郎(磐田)、菊地直哉(鳥栖)、成岡翔(新潟)などの同級生。現役時代に全国総体準優勝を経験した青年監督の下、2年ぶりの選手権出場を掴んだ。スタメンの半数以上を下級生が占める若いチームで、ルーキーのMF曽根大和山口晏侍などブレーク候補が揃うことも心強い点と言える。初戦で、対峙する香芝(奈良)が見せるMF竹末蒼大、FW佐藤晴らによる速さのある仕掛けを封じ、県を無失点で終えた堅守を発揮できるか期待したい。

 藤枝東に挑む候補も多士済々。11年ぶりに晴れ舞台に立つ各務原(岐阜)、5年ぶりの佐賀北(佐賀)はともに守備をベースとしたチームで、両者がぶつかる初戦は接戦が予想される。戦いの行方と共に前者はレフティーのMF後藤創、後者はMF堀西亮太松本稜平といった個の力にも注目だ。2回戦から登場する正智深谷(埼玉)と明徳義塾(高知)の一戦も、勝敗予想が困難なカードだ。オナイウ阿道(千葉)を擁した2013年以来の出場となる正智深谷は予選で2度のPK戦を制し、2度目の選手権出場を掴んだように勝負強さが持ち味のチーム。2年生守護神のGK戸田海斗を中心に、全国でも粘り強く初勝利を目指す。明徳義塾も全国総体で関東勢2チームを破り、16強入りするなど力はある。この時同様、主将のMF禹滉允を中心に走力と切り替えの早さを見せることができるか期待したい。

(取材・文 森田将義)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ

TOP