beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権]Cブロック展望~桐光学園と青森山田中心に混戦必至の激戦ブロック~

このエントリーをはてなブックマークに追加

第94回全国高校サッカー選手権

[Cブロック展望]
桐光学園高長崎南山高青森山田高大社高聖和学園高野洲高秋田商高鳴門高矢板中央高大分高富山一高日章学園高

 戦国時代と評されることが多い昨今の選手権だが、このブロックは特に混戦模様を呈している。筆頭を挙げるなら、2回戦から登場する桐光学園(神奈川)だろうか。来季から磐田への入団が内定しているFW小川航基を筆頭に、GK指崎尚大、FWイサカ・ゼインなどタレントが揃っており、攻守に穴が少ない。だからと言って、順当に勝ち進むかと断言できないのが高校サッカーの面白さである。2回戦で対峙する長崎南山(長崎)は選手権初出場だが、付属中学時代に全国を経験する選手が多く、侮れないチーム。特にGK藤岡柊太、DF太田晃輔擁する守備は粘り強く、県予選では2度のPK戦を勝ち抜く要因となっており、桐光を撃破しても不思議ではない。

 初戦を勝ち抜いたとしても、3回戦で戦う候補は強豪が揃い、気の休まらない試合が続く。挑戦権を争うのは、1回戦を三ッ沢で戦う4チーム。「集客率には自信がある」と野洲の山本佳司監督が笑うように、大晦日で一番、盛り上がる会場かもしれない。第1試合に登場するのは、DF常田克人(仙台入団内定)、FW神谷優太(湘南入団内定)と2人のプロ入り選手を抱える青森山田(青森)。ただタレントがいるだけでなく、今年のチームは主将のDF北城俊幸を中心にまとまりもあり、優勝候補との呼び声も多い。対する大社(島根)も主将のFW桑垣誓広を中心とした戦いにより、予選決勝で全国総体4強の立正大淞南を破っており、実力は確かだ。第2試合は、技巧派対決として注目を集める聖和学園(宮城)と野洲(滋賀)の一戦。聖和学園は予選で毎試合得点者が違ったように、どこからも点が獲れるのが持ち味に対し、野洲はMF林雄飛、FW村上魁の二枚看板が売り。両者が繰り出す技の応酬に加え、中学時代を滋賀のセゾンFCで過ごした聖和学園のMF半田皓介が旧友たちと交える攻防にも注目だ。

 反対の山も刺客候補が揃っており、目が離せない。歴代最多出場となる41回の出場を誇る秋田商(秋田)は、司令塔のMF山本隼を中心に流動的な攻撃を繰り出し、復権に意気揚々。彼らを待ち受ける鳴門(徳島)も、無失点で勝ち抜いた予選と同じくGK河野匠哉を中心とした守りから四国一の快足FW坂本一真を活かすスタイルで番狂わせを狙っている。

 そして、矢板中央(栃木)と大分(大分)の一戦は、「ダークホース対決」との声が多い隠れた注目カードだ。矢板中央が擁するDF星キョーワァン川上優樹のCBコンビは大会屈指で予選では無失点を記録。FW森本ヒマン澤野祐輝の2トップも破壊力があり、初戦を勝ち抜けさえすれば、上位に食い込む力はある。大分も縦のラインにDF佐藤大地、MF永松涼介、FW神田尚輝と付属中学出身の活きの良い2年生が揃っており、国立行きを掴んだ4年前の再現が期待される。

 多彩な強豪が集うブロックの最後を締めくくるのは、富山一(富山)と日章学園(宮崎)の一戦だ。前者は2年前の優勝時に見せた臨機応変な戦いぶりは今年も健在。DF早川雄貴とFW坂本裕樹という攻守の顔と言える存在も心強い。後者もMF野﨑悠、佐藤颯汰のダブルボランチを中心に好選手が多く、上位に入るだけのポテンシャルを秘めている。実力校が多くひしめき、どこが勝ち抜いても不思議ではない。

(取材・文 森田将義)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015
DAYS×ゲキサカ連動企画「全国のつくしを探せ!」特設ページ

TOP