beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

数的優位いかせず…マフレズPK失敗のレスターは2戦連続スコアレスドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.2 プレミアリーグ第20節 レスター・シティ0-0ボーンマス]

 プレミアリーグは2日、第20節を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームでボーンマスと対戦し、0-0で引き分けた。ベンチスタートとなった岡崎は後半20分から途中出場。積極的にシュートを放ったが、得点に絡むことはできなかった。

 前半はハイテンポで激しい展開となった。前半10分、レスターはMFマーク・オルブライトンがPA左角あたりから上げたクロスをMFリヤド・マハレズがバイシクルシュートも枠を外れる。対するボーンマスも同14分、DFサイモン・フランシスがダイナゴナルに入れた浮き球パスをPA左からMFジュニア・スタニスラスが折り返し、FWジョシュア・キングがヘディングシュート。完全に崩した形だったが、枠を捉えきれなかった。

 前半26分にはレスターに決定機。GKカスパー・シュマイケルのキックからPA手前でFWレオナルド・ウジョアが競ってこぼれたボールをウジョアがワントラップから右足シュート。相手DFに当たったボールがFWジェイミー・バーディの足もとへ入り、抜け出して右足シュートも左ポスト直撃。バーディの4試合ぶりのゴールとはならなかった。

 逆に前半37分にはボーンマスに決定機。キングが右サイドをドリブルで攻め上がり、鋭い切り返しでDFロベルト・フートをかわしてPA右からマイナスへ折り返す。これをフリーで飛び込んだMFダン・ゴスリングが右足で合わせるもシュートはゴール上に外れ、前半をスコアレスで折り返した。

 後半も試合はハイテンポで進む。レスターは同5分、PA左でパスを受けたバーディが、追い越していったMFネイサン・ダイアーをおとりに右足シュートを放つもGKアルトゥール・ボルツに弾き出される。それでも同12分に試合が動く。

 レスターはMFダニー・ドリンクウォーターのスルーパスで中央を完全に抜け出したバーディが、PA内でフランシスのスライディングを受け、PKを獲得。フランシスは決定機阻止で一発退場となった。このPKをMFリヤド・マハレズがフェイントを入れた助走からゴール右を狙うもGKボルツに完ぺきに弾かれ、この試合最大のチャンスを逃した。

 数的優位に立ったレスターは後半20分に岡崎を投入。同29分、ロングボールにバーディが競ってこぼれたボールをPA左から岡崎が左足ボレーもゴール右へ。同38分には、DFクリスティアン・フクスの右CKからニアでバーディがヘッドでそらすもボールはわずかに左へ外れ、最後まで1点が遠かった。結局レスターは数的優位をいかせず、0-0で2試合連続のスコアレスドローに終わった。

●欧州組完全ガイド
●プレミアリーグ2015-16特集

TOP