beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

GK海堀が引退のINAC、仙台LからGK武仲が“復帰”

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベガルタ仙台レディースは1日、GK武仲麗依INAC神戸へ完全移籍すると発表した。INAC神戸では日本女子代表GK海堀あゆみが2015シーズン限りで現役を引退していた。武仲は日ノ本学園から2011年にINAC神戸へ入団。4シーズンを過ごした後、2015年に仙台Lへ加入していたが、1年で“復帰”することになった。

 クラブを通じて武仲は「この度ベガルタ仙台レディースからINAC神戸に移籍する事になりました。ベガルタには1年という短い時間でしたが内容の濃い1年を過ごすことができました。ベガルタはチームのメンバー、スタッフを含めサポーターやファンの方々、職場の方々まで皆さんが優しくて私にとってこの1年で皆さんと過ごせた時間を凄い誇りに思います!」と感謝のコメント。

「サポーターの方々の応援は毎回鳥肌ものでした。一体感が凄くて私たちももっと頑張らないと思わされるぐらいの団結力でした。本当に皆さんの応援は力になるしまた頑張ろうと思える素になりました」

「職場では初めて社会に出て働かせて頂いたのですが皆さんがとても優しく親切に丁寧に教えてくれて、困ったときも聞いたらすぐに教えてくれてこんな素晴らしい会社で働かせてもらえて私は幸せです」

「何よりもベガルタ仙台レディースのメンバーと1年サッカーが出来て本当に楽しかったです。チームとして最高順位の2位を獲る事もできて大好きなサッカーをこんな良い環境でやらせて頂いて感謝の気持ちでいっぱいです。これからチームは変わりますがこれからも応援して頂けると嬉しいです。本当に1年間ありがとうございました」と思いを綴った。

 また古巣復帰となったINAC神戸を通じては「1年間チームを離れていろんな経験をする事ができました。この経験をINACで活かして少しでもチームに貢献できるように頑張ります」とコメント。

「INACにいた時は試合に出場できず悔しい思いをする事が多かったのですが、その4年の間に海堀さんのもとでいろいろなことを学んできました。この学んできた事をどれだけプレーで発揮し試合に出れるかだと思っています。INACがひとつでも多くタイトルを獲る事ができるように全力で頑張りますので、​これから応援よろしくお願いします」と意気込んだ。

プロフィールは以下のとおり

●武仲 麗依
(たけなか れい)
■ポジション
GK
■出身地
兵庫県
■生年月日
1992年5月18日
■所属歴
母里FC―FC VICTORIES―日ノ本学園高―INAC神戸―仙台L(2015年加入)

TOP