beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“韓国のメッシ”イ・スンウがバルサBでプロデビュー「夢のためにもっと頑張る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 “韓国のメッシ”と呼ばれるFWイ・スンウが、バルセロナのBチームの試合に出場した。イ・スンウは3部リーグのリェイダの後半33分から途中出場。しかしチームは0-2で敗れた。

 イ・スンウは12歳でバルセロナの下部組織に入団。順調に上位カテゴリーに昇格していたが、2013年にバルサがFIFAから未成年選手の補強に関する違反があったとして処分されたことから、公式戦に出場できない処分を受けていた。

 しかし処分が明け、今年1月6日に18歳の誕生日を迎えたことで、トップチームへの登録が可能となった。今季はバルセロナBでプレーすることになっており、14日にプロとしての第一歩を踏み出した。

 イ・スンウは試合後にインスタグラム(@seungwoolee)を更新。途中出場する場面の映像を投稿して、初出場の喜びを語った。スペイン語と韓国語でメッセージを添え、「バルセロナBでデビュー!でもデビューは嬉しいけどチームが負けて残念。夢のためにもっと頑張ります!!」と更なる成長を誓った。コリアンメッシは順調に階段を上っている。


●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集

TOP