beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

18歳の新星ラッシュフォードが大仕事! マンUがシティとのダービー制し5戦ぶり白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.20 プレミアリーグ第31節 マンチェスター・C 0-1 マンチェスター・U]

 プレミアリーグは20日、第31節を行った。エティハド・スタジアムでは4位マンチェスター・シティと6位マンチェスター・ユナイテッドとのマンチェスター・ダービーが行われた。ダービーらしく白熱した一進一退の試合は前半16分に先制点を挙げたユナイテッドが1-0で逃げ切った。

 ミッドウィークに欧州CLを戦ったシティは、DFビンセント・コンパニとDFニコラス・オタメンディが負傷したため、センターバックにDFマルティン・デミチェリスとDFエリアキム・マンガラを起用。ここ2試合でベンチスタートが続いてたMFラヒーム・スターリングを先発に入れた。対するEL敗退が決まってしまったユナイテッドは、その試合から2人を代え、DFマッテオ・ダルミアンとMFモルガン・シュネデルランを先発に起用した。

 公式戦171回目のマンチェスター・ダービー。来季の欧州CL出場権獲得へ生き残りを懸けたサバイバルマッチは前半16分に動く。MFフアン・マタのパスを受けた18歳FWマーカス・ラッシュフォードが細かいタッチでデミチェリスを鮮やかにかわして、PA内右から右足シュート。GKジョー・ハートの脇下を抜いて、ユナイテッドが先制のゴールネットを揺らした。

 ホームで先手を許したシティは前半25分にアクシデント発生。股関節あたりを痛めたスターリングが続行不可となり、MFフェルナンドとの交代を余儀なくされた。33分には右から切れ込んだMFヘスス・ナバスのパスを受けたMFヤヤ・トゥレがゴール正面から左足でコントロールされたシュートを放つもわずかに枠を外れ、0-1で試合を折り返した。

 後半2分にシティに再びアクシデントが発生する。デミチェリスがGKハートに返したボールが短くなり、ラッシュフォードが詰めるもGKハートが滑り込んでクリア。しかし、この際にGKハートが右足ふくらはぎ裏を痛め、GKウィリー・カバジェロと交代した。さらにシティは8分にデミチェリスに代えてFWウィルフリード・ボニーを投入して攻撃の枚数を増やした。

 反撃に出るシティ。後半21分、右サイドでボールを受けたトゥレのクロスに中央からニアに走り込んだFWセルヒオ・アグエロが頭で合わせるも右ポストを直撃。その後もダービーらしく白熱した展開が続いたが、足をつらせながらも守備やスプリットを繰り返したユナイテッドがリードを守り抜き、1-0で終了。ユナイテッドは公式戦5試合ぶりの白星を飾り、シティは公式戦3試合連続で無得点に終わった。

●プレミアリーグ2015-16特集

TOP