beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

岡崎の相方バーディが代表初ゴール! イングランドが世界王者ドイツに敵地で逆転勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.26 国際親善試合 ドイツ2-3イングランド]

 国際親善試合が26日に各地で行われた。ベルリン・オリンピアシュタディオンではドイツ代表とイングランド代表が対戦。後半に3得点を決めたイングランドが3-2で逆転勝利をおさめた。

 ドイツは前半27分にFWマリオ・ゴメスがゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で得点は許されなかった。それでも前半終了間際に先制点を決める。43分、足を痛めたGKジャック・バトランドが大きく蹴り出したボールを奪ってパスをつなぎ、PA手前左からMFトニ・クロースが思い切りよく左足を振り抜く。低い弾道の強烈なシュートがゴール左隅をとらえ、スコアを1-0とした。

 さらにドイツは後半12分、MFサミ・ケディラがふわっとしたボールをゴール前に入れると、ゴメスがヘディングシュートをゴール右隅に突き刺す。今季トルコのベジクタシュに移籍し、ここまでリーグ戦で20得点と復活を遂げたゴメスのゴールでドイツがリードを2点差に広げた。

 イングランドも反撃に出る。後半16分、MFジョーダン・ヘンダーソンの左CKからPA内右でボールを受けたFWハリー・ケインが鋭いターンで前を向き、右足シュートをゴール左隅に流し込み、反撃ののろしを上げる。さらに29分、MFロス・バークリーが右サイドに展開し、DFナサニエル・クラインが上げたクロスを中央からニアに走り込んだFWジェイミー・バーディが右足ヒールシュート。レスター・シティでFW岡崎慎司とチームメイトのバーディの代表初ゴールでイングランドが2-2と試合を振り出しに戻した。

 試合はこのまま終了するかと思われたが、後半アディショナルタイム1分、右CKからキッカーのヘンダーソンが入れたボールをMFエリック・ダイアーが打点の高いヘディングシュートでゴールネットを揺らし、逆転。イングランドが敵地で世界王者に劇的勝利をおさめた。そのイングランドは29日にオランダ代表、ドイツも29日にイタリア代表と対戦する。

●ロシアW杯欧州予選特集
●EURO2016特設ページ

TOP