beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「遠距離で価値観にズレ」なでしこ大儀見が5年の結婚生活にピリオド…永里姓は来季から

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本女子代表のFW大儀見優季(フランフルト)が6日、自身のブログ(http://ameblo.jp/y-naga19/entry-12147173278.html)を更新して離婚を発表した。

 大儀見は2011年にメンタルトレーニングコンサルタントの大儀見浩介さんと結婚。なでしこジャパンでは数少ない既婚選手としてプレーを続けた。

 しかし大儀見は、「4年という夫婦生活の中で、サッカー選手として海外で生活をしながらの、遠距離での夫婦生活の価値観にズレが出てきました」とし、「二人で話し合いを重ねた結果、今後の二人の人生において別々の道を歩むことが最良の選択であるという結論に至りました」と報告。約5年間の結婚生活にピリオドを打った。

 なお、今季いっぱいは大儀見姓でプレーを続け、来季より永里姓に戻すという。ブログのプロフィル欄はすでに「永里優季」となっている。

TOP