beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

千葉、富澤のお見事ミドル弾で3戦ぶり白星…金沢は開幕7戦未勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.9 J2第7節 千葉 1-0 金沢 フクアリ]

 J2は9日、第7節を行い、フクダ電子アリーナではジェフユナイテッド千葉ツエーゲン金沢が対戦。前半45分にMF富澤清太郎の得点で千葉が先制すると、そのまま逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。3試合ぶりに白星を獲得した千葉に対し、金沢は開幕7戦未勝利と厳しい状況が続いている。

 ホームの千葉は3日に行われた第6節C大阪戦(●1-2)から先発3人を入れ替えてFW吉田眞紀人、MF井出遥也、富澤を先発起用。第6節終了時点で2分4敗と未勝利の金沢は、前節横浜FC戦(●1-2)から先発1人を入れ替え、DF辻尾真二がスターティングメンバーに名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤からボールを保持する千葉が前半14分に決定機を創出する。GK佐藤優也が蹴り出したゴールキックを富澤がヘッドですらすと、DF馬渡和彰が足を滑らした隙を見逃さずにFW船山貴之が一気にPA内に進入。GK原田欽庸の動きを見極めてシュートを放ったが、ボールはクロスバーを叩いてしまう。さらに同19分には吉田のパスから右サイドを駆け上がった井出のグラウンダーのクロスを再び船山が狙うも、シュートはゴール左へと外れてしまった。

 守備に重心を置く金沢は千葉の攻撃に粘り強く対応して失点こそ防ぐものの、攻撃に移っても敵陣深くまでなかなかボールを運ぶことができずに好機を生み出せない。前半31分には千葉がゴールを脅かす場面を作り出したが、DF阿部翔平のCKからDF近藤直也が放ったヘディングシュートは原田欽に阻まれてしまう。しかし同45分、PA内でボールキープしたMF長澤和輝の落としを富澤が鮮やかな軌道を描くミドルで突き刺して千葉が先制に成功した。

 1-0と千葉が1点をリードして後半を迎えると、後半開始直後に千葉がカウンターを発動。井出が自陣から独走してラストパスを船山へと通すが、シュートは相手DFのブロックに遭った。さらに同13分には井出が左足シュートでゴールを脅かしたものの、ボールは原田欽の守備範囲に飛んでしまう。すると金沢は同14分、辻尾に代えてMF星野有亮を投入する。

 後半16分には千葉がゴール前で鮮やかなパスワークを披露すると、井出の浮き球のラストパスから完全に抜け出した船山がループで狙ったがシュートはゴールマウスを捉え切れず。同19分にはカウンターから船山のラストパスを受けた井出がシュートまで持ち込んだが原田欽にセーブされるなど、千葉は好機を作りながらもなかなか追加点を奪取できない。しかし、金沢にも反撃を許すことなく逃げ切った千葉が1-0の完封勝利を収めた。

(取材・文 折戸岳彦)
●[J2]第7節1日目 スコア速報

TOP