beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

初陣に臨むミラン新監督、本田については「トップ下でもサイドでもやれる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミランは17日、セリエA第33節のアウェーでのサンプドリア戦に臨む。就任後初采配となるクリスティアン・ブロッキ新監督が試合に向けた見通しを語った。

 シニシャ・ミハイロビッチ前監督の後任として下部組織から昇格したブロッキ新監督は、トップ下を置く形の4-3-1-2を基本として初戦を戦うことになりそうだ。だが、1試合でこれまでの戦いからすべてが変わるわけではないことも強調している。会見で次のように語ったとしてイタリアメディアが伝えた。

「ダイヤモンド型で戦うつもりだ。攻撃面ではより選択肢が増えることになるし、守備も良くなることが期待される。プレーは中盤を経由してほしいと思う。DFからFWへ直接ボールが送られるようなプレーは好きではない」

「ミランにはそのポジション(トップ下)を務められる選手たちがいると確信している。だが私は、すべてを一変させてしまうつもりではない。サンプ戦で『私のミラン』を見せられると考えるほど思い上がっているつもりはないし、ピッチ上では『私』ではなく『我々』のことを考えてほしいと思う。私が頭に描いているミランの5%を見ることができればそれで十分だ。たった5%だって? 私が言いたいのは各選手5%ずつということだよ…」

 トップ下のポジション争いでは、MFジャコモ・ボナベントゥーラがMF本田圭佑をリードしているのではないかともみられる。これまで右サイドで不動のポジションを手にしていた本田としては厳しい状況に置かれることになるかもしれないが、指揮官は本田の起用の見通しについて次のように話している。

「もちろんケイスケにも力を見せられるチャンスはあるだろう。選手たち全員を近くから見てきたが、ミランはいつも4-3-1-2で戦うチームになるわけではない。3トップも可能性としてはあり得るし、彼はトップ下でも前線のアウトサイドでもプレーすることができる」

「ほかの選手たちも全員同じだが、チーム内で重要な位置を占めたいという意欲を見せて私を悩ませてほしい。それが彼に課される仕事だ」

●欧州組完全ガイド
●セリエA2015-16特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP