beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシ、代表で最後に蹴ったボールに高値 300万円以上で売却へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボールを手にしたファンは「家に置いておいたら危険」

 バルセロナFWリオネル・メッシが考えを変えなければ、コパ・アメリカ決勝はアルゼンチン代表でのラストゲームとなる。その最後の試合で彼が最後に蹴ったボールに、思わぬ高値がついているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

 アルゼンチンはチリ代表とのPK戦で2-4と敗れ、2大会連続準優勝に終わった。メッシはPK戦で1番手を務めたが、大きく枠を外してしまっている。試合後、メッシはアルゼンチン代表引退を宣言した。

 このときメッシが蹴ったボールを手に入れたチリ人のペドロ・バスケスさんによると、すでに「メッシの代表ラストボール」を手に入れようとオファーが殺到しているとのこと。3万ドル(約300万円)に近いものもあったという。

 バスケスさんは、あまりに高額なボールが自宅にあることを危惧しているという。今後も値が上がり続けるのであれば、記念のボールを手放す考えだそうだ。『マルカ』がコメントを伝えた。

「このボールがもっと価値のあるものになったら、家に置いておくことはできない。リスクになる。ただ、すべてはオファーや状況次第だ」

「最初はただの良い思い出になると思っていた。でも正直、もっと値が上がるのであれば、ボールを売る。『ラジオ・ゼロ』の記者からは、収集家がポータルサイトで6万ドル(約600万円)をオファーすると聞いた」

●コパ・アメリカ2016特設ページ
●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP