beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J3大阪ダービーはルーキーが共演! 試合を決めたのはプロ入り初ゴールの一美

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.10 J3第16節 C大23 1-2 G大23 金鳥スタ]

 J3リーグは10日、第16節を行った。キンチョウスタジアムでは、セレッソ大阪U-23ガンバ大阪U-23による今季2度目のJ3“大阪ダービー”が開催された。試合は1-1で迎えた後半42分にFW一美和成が決勝点を挙げ、2-1でG大阪が勝利。4月10日に行われた第4節に続いてダービー連勝を飾った。

 試合はリベンジを狙うC大阪が先手を取る。前半31分、MF米澤令衣のラストパスを受けたFW澤上竜二が左足でゴールネットを揺らし、1-0。大阪体育大でゴールを量産し、ユニバーシアードでは日本代表の一員として銅メダル獲得にも貢献した澤上が、ついにプロ入り初ゴールを決めた。

 しかし、G大阪の大卒ルーキーも黙っていない。前半42分、MF岡崎建哉のワンタッチパスで左サイドを抜け出したDF初瀬亮がクロスを供給すると、FW呉屋大翔がヘッドで合わせ、同点。G大阪も“大学NO.1ストライカー”と言われ、関西学院大から加入したルーキーの一発で試合を振り出しに戻した。

 後半は一進一退の攻防が続いたが、終了間際に決勝のゴールネットを揺らしたのはG大阪だった。後半42分に右CKを獲得すると、キッカーのMF堂安律が入れたボールを一美が頭で合わせ、2-1と逆転。熊本県八代市出身で今季大津高から加入した注目ストライカーのプロ入り初ゴールでG大阪が接戦をモノにした。

●[J3]第16節 スコア速報

TOP