beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

左MFからFWへ役割変えたFC東京U-18・内田、プレミアで「得点王を狙っていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.4 クラブユース選手権(U-18)決勝 FC東京U-18 2-0 清水ユース 味フィ西]

 これまでFC東京U-18の左MFとして躍動していた内田宅哉(3年)が日本クラブユース選手権(U-18)大会ではFWとして躍動。得点こそ準決勝の1ゴールに終わったものの、キレキレだった突破からのアシストやゴールを演出する部分でチームの優勝に貢献した。

「左サイドとFWと求められることは違いますし、自分がどれだけ馴染んでいくか、FWでどれだけ貢献できるかということや、自分の得意であるドリブルとかどう活かすかということを考えてプレーしていました」と内田。本人はスコアを伸ばすことができなかったことについて不満げだったが、それでも「ドリブルを活かしてチャンスをつくるということは何回かできたので良かった」と前向きに捉えていた。

 決勝トーナメント1回戦で名古屋U18に1-5で敗れた昨年は交代出場も得点に絡むことができず。悔しい思いで大会を終えていた。だが今年、J3で7試合に出場しているアタッカーは主軸として優勝に貢献。「率直に嬉しいです。一昨年準優勝という結果で終わったのもありましたし、去年もベスト16で終わったので今年は優勝したいという気持ちが凄く大きくありました」。その思いを結果に繋げた。

 プレミアリーグとJユースカップでの3冠達成を目標に掲げるチームの中で、内田はFWとして得点を奪うことにこだわる。「点を取るということはFWに求められている部分ですし、これからもっと。今、プレミアリーグでは得点ランキング3位っていうのもありますし、得点王を狙っていきたいと思います」と力を込めた。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設ページ】第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

TOP