beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川が今季公式戦初ゴール含む2発! ドルトムントの快勝に大きく貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.22 DFB杯1回戦 トリアー0-3ドルトムント]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は22日、1回戦を行った。MF香川真司が所属するドルトムントは敵地でトリアー(4部)と対戦し、3-0で勝利した。先発フル出場した香川は、前半8分に今季公式戦初ゴールを記録すると、同33分にも追加点を挙げ、勝利に大きく貢献した。

 14日に行われたドイツスーパー杯・バイエルン戦(0-2)では、先発フル出場も得点に絡めなかった香川だが、この日は格下相手に2ゴールを記録し、27日のブンデスリーガ開幕戦・マインツ戦に弾みをつけた。まずは前半8分、敵陣中央でパスを受けた香川は左サイドにはたき、そのままゴール前に走り込む。MFアンドレ・シュールレのクロスをFWピエール・エメリク・オーバメヤンが競ってこぼれたボールを香川が右足でゴール右隅に流し込み、今季公式戦初ゴールを挙げた。

 さらに前半33分に香川が追加点。MFゴンサロ・カストロのスルーパスをPA中央でシュールレがスルーすると、PA左に走り込んだ香川が左足で流し込み、2点目。ドルトムントは前半終了間際の45分にも右サイドに流れたオーバメヤンのクロスを、ファーサイドでフリーで待っていたシュールレが左足ボレーを叩き込み、3-0で前半を終えた。

 後半もゲームコントロールするドルトムントだが、同8分にはオーバメヤンが放ったヘディングシュートはクロスバーに嫌われ、同31分のFWアドリアン・ラモスの決定機もチャンスを生かせず、そのまま3-0で試合終了。香川の今季公式戦初ゴールを含む2ゴールとシュールレの移籍後初ゴールでドルトムントが2回戦進出を決めた。

●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2016-17特集

TOP