beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ関西]首位独走の阪南大高、次節にもV決定:第13節

このエントリーをはてなブックマークに追加
高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プリンスリーグ関西

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プリンスリーグ関西は3日、第13節を行った。11勝1分で首位を独走中の阪南大高(大阪)は3位・京都橘高(京都)と対戦。前半11分にFW村岸俊吾のゴールで先制すると、16分にも藤本悠太郎が決めるなど3-1で勝った。

 2位の履正社高(大阪)はFW町野修斗の2ゴールなど後半に6ゴールを奪って久御山高(京都)に6-2で快勝した。首位・阪南大高と2位・履正社との勝ち点差は残り5試合で10。早ければ次節にも阪南大高の優勝が決定する。

【第13節】(9月3日)
[J-GREEN堺]
大阪桐蔭高 1-0 和歌山北高
[大]西矢健人(43分)

[J-GREEN堺]
金光大阪高 0-1 近大附高
[近]内田将太(2分)

[京都市西京極総合運動公園陸上競技場]
履正社高 6-2 久御山高
[履]町野修斗2(59、83分)、寺村浩平(69分)、弓場大輝(79分)、尾登駿2(85、90分+1)
[久]明神大志2(72、87分)

[J-GREEN堺]
関西大一高 4-0 野洲高
[関]山本壱成(26分)、才木勇斗(38分)、小倉智哉(72分)、百浦慎吾(80分)

[京都市西京極総合運動公園陸上競技場]
阪南大高 3-1 京都橘高
[阪]村岸俊吾(11分)、藤本悠太郎(16分)、木戸口蒼大(82分)
[京]古川陸輝(51分)

▼関連リンク
2016プリンスリーグ関西

TOP