beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグEAST]2位・FC東京U-18と3位・市立船橋との上位対決はドローに:第14節1日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC東京U-18vs市立船橋高戦は1-1ドローに

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグEAST

 高校年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグEASTは24日、第14節1日目の2試合を行った。首位・青森山田高を勝ち点1差で追う2位・FC東京U-18と3位・市立船橋高との上位対決は1-1で引き分けた。

 前半20分、市立船橋はMF福元友哉の縦パスで相手の背後を突いたFW矢野龍斗が対応したDFと入れ替わって抜け出し、左足で先制ゴールを奪う。だが、FC東京は前半アディショナルタイム、右CKをファーサイドのFW半谷陽介が頭で折り返すと、MF内田宅哉がコントロールから反転シュートを決めて同点に追いついた。FC東京は後半22分、半谷が自ら獲得したPKを狙うが、市立船橋は初先発の2年生GK長谷川凌が足でストップ。退場者を出し、10人で戦った市立船橋が1-1で乗り切り、勝ち点1をもぎ取っている。

 7位柏レイソルU-18と10位・流通経済大柏高との柏ダービーは0-0で引き分け。残留を目指す流経大柏は上位との勝ち点差を詰めることができなかった。

【プレミアリーグEAST第14節】(9月24日)
[日立柏総合グランド(人工芝)]
柏レイソルU-18 0-0 流通経済大柏高

[東京ガス武蔵野苑多目的グランド(人工芝)]
FC東京U-18 1-1 市立船橋高
[F]内田宅哉(45分+2)
[市]矢野龍斗(20分)

(9月25日)
[青森山田高]
青森山田高(11:00)アルビレックス新潟U-18

[県立カシマサッカースタジアム]
鹿島アントラーズユース(11:00)横浜F・マリノスユース

[NTT東日本志木総合グラウンド]
大宮アルディージャユース(13:00)清水エスパルスユース

※日程は3月発表、変更あり
▼関連リンク
2016プレミアリーグEAST

TOP