beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

10年前を覚えているか? “日本キラー”ケーヒルがSNSで宣戦布告

このエントリーをはてなブックマークに追加

06年W杯で日本を地獄に突き落としたFWティム・ケーヒル

 日本代表は11日、W杯アジア最終予選でオーストラリア代表とのアウェー戦に臨む。この大一番を前に、日本の“天敵”であるFWティム・ケーヒルが自身のSNSで挑発行為を行っている。

 過去の日本戦で8試合5得点と無類の強さを発揮している36歳のケーヒル。W杯アジア最終予選では3試合連続のベンチスタートとなっているが、スーパーサブとして存在感を見せている。

 今回も日本にとって要注意人物となるであろうケーヒルは試合当日の11日、自身の『インスタグラム』を更新。「10年前の2006年W杯」というメッセージ付きで、日本とのライバル関係が始まったとされる2006年ドイツW杯初戦の写真や動画を投稿した。

 この試合は終盤まで日本が1-0でリードしていたが、ケーヒルの2得点で逆転されると、最終的には1-3でオーストラリアに屈し、グループリーグ敗退の遠因となった。

 過去の日本戦での実績をあえて試合当日に発信したケーヒル。今回も自信を持ってライバルの日本に立ち向かってくるのは間違いない。

●ロシアW杯アジア最終予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧

TOP