beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

吉田麻也のタックルが引き金に…判定に激怒のモイーズが退席処分

このエントリーをはてなブックマークに追加

退席処分となったデイビッド・モイーズ監督

 サンダーランドを率いるデイビッド・モイーズ監督がサウサンプトンのDF吉田麻也のタックルに“激怒”した。英『デイリーメール』がモイーズ監督のコメントを報じている。

 26日に行われたEFL杯(イングランドフットボールリーグ)の4回戦でサンダーランドはサウサンプトンと対戦。1点を追う後半44分に、DFビクター・アニチェベがPA内で吉田のタックルを受けるも、ファウルは取られず、そのまま0-1で敗れた。

 これに激怒したのがモイーズ監督。第四審判に詰め寄り、激しく抗議した結果、退席処分となってしまった。

 指揮官は試合後に「再びあのシーンを見直してみればわかるだろう。疑問なしにファウルだったとね」とコメント。

「ヨシダはエリア内でビクターを倒した。明確にPKを与えられるべきだった」と繰り返し主張した。

 怒れるモイーズ監督は「我々は敗戦に値しなかった。それは確かだ」と敗戦は受け入れがたいと口にした。

●プレミアリーグ2016-17特集
●欧州組完全ガイド

TOP