beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浦和第2ステージ優勝、チェアマン「アジアや世界が注目する存在に」

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2ステージを制した浦和レッズ

 浦和レッズが29日に敵地で行ったジュビロ磐田戦に勝利し、第2ステージの優勝を決めた。村井満チェアマンはJリーグ公式サイトを通じコメントを発表。「リーグを代表するクラブとして、国内のみならずアジアや世界が注目する存在に成長することを願っています」と更なる飛躍に期待を寄せた。

以下、コメント全文
「浦和レッズの皆さん、2016明治安田生命J1リーグ2ndステージの優勝、誠におめでとうございます。2016シーズンはJリーグYBCルヴァンカップに続き2冠目となりました。

 2ndステージは開幕戦から7勝1分の快進撃によって第8節で首位に立つと、一度はその座を譲ったものの、第12節以降は再びトップをキープしての優勝でした。先制点を挙げた試合の勝率がJ1トップであることからも、攻守にバランスの取れた安定した試合運びであったことがうかがえます。

 近年の浦和レッズは国内有数のビッグクラブとして活躍を期待されながら、大事な一戦で勝ち切れずにタイトル獲得を逃すなど、何度も悔しい思いを味わってきました。しかし、いかなる時もクラブを応援する熱烈なファン・サポーターに支えられて、就任5年目となるペトロヴィッチ監督は才能豊かな選手たちを見事に一つにまとめ上げ、チームは高い集中力を発揮してリズムを崩すことなく戦った結果、二つのタイトルをつかみ取りました。いずれの試合もリーグ全体のクオリティーを引き上げるような、素晴らしい戦いぶりでした。

 浦和レッズは昨シーズンの1stステージ制覇に続き通算3度目のステージ優勝を成し遂げました。しかし、ペトロヴィッチ監督の「34節が終了した時点でトップに立っていたい」という言葉のとおり、既にこれから控える最終節、そして明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップを見据えていることと思います。今シーズン最後の試合まで観戦する人々の記憶に残る素晴らしいパフォーマンスを披露してくれることを期待します。そしてJリーグがさらなるステップアップに向けて大きく舵を切るなか、浦和レッズがリーグを代表するクラブとして、国内のみならずアジアや世界が注目する存在に成長することを願っています」

TOP