beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

松本が15戦無敗で2位キープ、苦しみながらもFW高崎弾で熊本振り切る

このエントリーをはてなブックマークに追加
[11.3 J2第39節 松本1-0熊本 松本]

 松本山雅FCがホームでロアッソ熊本を1-0で下し、15試合連続負けなし(8勝7分)で自動昇格圏内の2位をキープした。一方、熊本は3試合ぶりの黒星で16位に後退した。

 松本はホームで攻めども攻めどもゴールの生まれない焦れる展開。しかし、相手の一瞬の隙を逃さないしたたかさが今のチームにはある。スコアレスで迎えた後半22分、FW工藤浩平が右サイドに開きながらルックアップする余裕を持ってパスを受けると、間髪をいれずに右足でアーリークロス。PA内中央で相手の両センターバック間にうまく入り込んだFW高崎寛之が低い体勢からヘッドで合わせ、ゴール左に流し込んだ。

 高崎の3試合ぶりとなる今季12得点目が決勝ゴールとなり、松本は苦しみながらも1-0で辛勝。ここ一番で決定力を見せた高崎は「苦しい試合でしたけど、苦しくしてしまったのは自分のせいなので、しっかり反省して次頑張りたいと思います」と課題を口にし、「またホームで(試合が)できるので連勝したいと思います」と中2日で迎える6日の第40節東京V戦に視線を向けた。

●[J2]第39節 スコア速報

TOP