beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

J1今季最も走ったのは?スプリント回数は?パス成功率は?:クラブ編

このエントリーをはてなブックマークに追加

最も長い走行距離を記録したのは鳥栖だった

 3日に行われたJ1第2ステージ第17節をもって、今季のJ1リーグ戦が終了した。Jリーグはトラッキングシステムにより取得したデータを各節ごとに公表しているが、これにより今季の通算データが判明している。

 クラブ別の走行距離が最も長かったのは、サガン鳥栖で4011.500km。2位は湘南ベルマーレで3967.250km。3位はアルビレックス新潟で3956.630kmだった。

順、()は年間順位
1 (11) サガン鳥栖 4011.500km
2 (17) 湘南ベルマーレ 3967.250km
3 (15) アルビレックス新潟 3956.630km
4 (9) FC東京 3899.470km
5 (1) 浦和レッズ 3896.700km
6 (8) 柏レイソル 3884.470km
7 (12) ベガルタ仙台 3855.090km
8 (10) 横浜F・マリノス 3846.690km
9 (4) ガンバ大阪 3843.860km
10 (13) ジュビロ磐田 3838.030km
11 (14) ヴァンフォーレ甲府 3804.770km
12 (18) アビスパ福岡 3772.660km
13 (5) 大宮アルディージャ 3771.500km
14 (3) 鹿島アントラーズ 3757.400km
15 (2) 川崎フロンターレ 3728.720km
16 (6) サンフレッチェ広島 3719.790km
17 (16) 名古屋グランパス 3718.680km
18 (7) ヴィッセル神戸 3652.770km

 スプリント回数(時速24km/h以上)やパス成功率、シュート成功率なども判明している。

■スプリント回数
1 湘南ベルマーレ 6460回
2 鹿島アントラーズ 6145回
3 大宮アルディージャ 5532回
4 サガン鳥栖 5485回
5 ジュビロ磐田 5477回
6 浦和レッズ 5467回
7 ガンバ大阪 5459回
8 アビスパ福岡 5458回
9 FC東京 5366回
10 ベガルタ仙台 5349回
11 名古屋グランパス 5317回
12 柏レイソル 5211回
13 ヴィッセル神戸 5199回
14 アルビレックス新潟 5188回
15 横浜F・マリノス 5107回
16 ヴァンフォーレ甲府 4867回
17 川崎フロンターレ 4853回
18 サンフレッチェ広島 4703回

■パス成功率
1 川崎フロンターレ 85.90%
2 サンフレッチェ広島 85.20%
3 浦和レッズ 82.30%
4 ガンバ大阪 81.50%
5 柏レイソル 80.80%
6 横浜F・マリノス 80.70%
7 アルビレックス新潟 78.70%
8 大宮アルディージャ 78.40%
9 ヴィッセル神戸 77.10%
10 FC東京 76.10%
11 ベガルタ仙台 75.90%
12 鹿島アントラーズ 75.20%
12 ジュビロ磐田 75.20%
14 サガン鳥栖 74.60%
15 ヴァンフォーレ甲府 74.20%
16 湘南ベルマーレ 73.80%
17 アビスパ福岡 72.80%
18 名古屋グランパス 72.00%

■シュート成功率
1 ヴィッセル神戸 15.80%
2 川崎フロンターレ 15.40%
3 ガンバ大阪 14.20%
4 横浜F・マリノス 13.40%
4 大宮アルディージャ 13.40%
6 サガン鳥栖 13.30%
6 浦和レッズ 13.30%
8 ヴァンフォーレ甲府 12.50%
8 柏レイソル 12.50%
10 サンフレッチェ広島 12.40%
11 名古屋グランパス 11.90%
12 鹿島アントラーズ 11.60%
13 FC東京 11.30%
14 アルビレックス新潟 10.90%
15 ベガルタ仙台 10.70%
16 ジュビロ磐田 10.30%
17 アビスパ福岡 8.50%
18 湘南ベルマーレ 8.30%

■セーブ率
1 大宮アルディージャ 76.50%
2 サンフレッチェ広島 73.50%
3 ガンバ大阪 73.20%
4 ジュビロ磐田 71.90%
4 川崎フロンターレ 71.90%
6 横浜F・マリノス 70.90%
7 ヴィッセル神戸 70.50%
8 浦和レッズ 69.70%
9 鹿島アントラーズ 69.20%
10 ベガルタ仙台 67.80%
10 アルビレックス新潟 67.80%
12 柏レイソル 66.70%
13 名古屋グランパス 66.30%
14 サガン鳥栖 66.10%
15 FC東京 65.50%
16 ヴァンフォーレ甲府 64.20%
17 アビスパ福岡 63.10%
18 湘南ベルマーレ 62.10%

TOP