beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「今季を象徴」…千葉FW町田、孤軍奮闘11点目も3連勝ならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半31分のFW町田也真人のゴールによって先制した千葉だったが…

[11.12 J2第41節 千葉1-2札幌 フクアリ]

 今季初の3連勝を目指したジェフユナイテッド千葉だったが、5年ぶりのJ1昇格に向かう札幌の前に逆転負けを喫した。前半31分にFW町田也真人の得点で先制したが、後半の2発で逆転負けした。

「とにかくジェフのプライドを持って、気持ちを持って戦おうと思った。本当の勝ちたかったし、最後ああやって負けてしまったのは、今季を象徴している」

 今季の千葉は昨季から大幅にメンバーを入れ替えたことが話題を集めた。監督こそ関塚隆前監督が継続してチームを率いたが、全く別チームといっていいほどの陣容でスタートさせた。そしてシーズン途中には監督交代も行うなど混乱は続き、2桁順位で終えることも確定している。

 そんな中、町田はチーム最多の11ゴールを記録。26歳が見せる孤軍奮闘はチームの光と言っていい。「チームとしてできた証拠のゴールだった」と手ごたえも話した町田は、「いい時にしっかり追加点が取れるようなチームにならないといけないと思っている」と更なるチーム力の向上を誓った。

(取材・文 児玉幸洋)
●[J2]第41節 スコア速報

TOP