beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

選手時代最も成功を収めたプレミアリーグの監督は…モウリーニョはワースト2、最下位は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナで活躍したロナルド・クーマン

 プレミアリーグには現役時代、ユーロなどの国際タイトルを手にした者から大学でしかプレー経験のない者など様々な経歴を持つ監督がいる。『スカイスポーツ』は誰が選手時代に最も成功を収めた監督であるかを発表している。

 堂々の1位に選出されたのはエバートンを率いるロナルド・クーマンアヤックスバルセロナなどの黄金期を支えたクーマンは、オランダ代表としても活躍。手にしたタイトルは数知れず、チャンピオンズカップ(チャンピオンズリーグの前身)、ユーロ1988などを獲得している。

 次点にはマンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラストーク・シティを率いるマーク・ヒューズが続いた。両者はそれぞれバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身の選手で、トップチームでも大きな存在感を見せた。

 また、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は4位、トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノは6位、レスター・シティを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は11位となっている。そしてマンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョはワースト2の19位。モウリーニョは父が元ポルトガル代表GKだったものの、プロとしての実績はなく、早々に選手生活を切り上げている。

 なお、最下位はスウォンジーを率いるボブ・ブラッドリー。息子がアメリカ代表で活躍するMFマイケル・ブラッドリーだが、父のほうはプロ経験はなし。選手としてのプレー経験もプリンストン大学のみとなっている。

●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集
●プレミアリーグ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP