beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「俺が監督ならこういう采配はできない」…だからこそ、燃えた大迫

このエントリーをはてなブックマークに追加

最前線で体を張ってボールキープするFW大迫勇也(ケルン)

[11.15 W杯アジア最終予選 日本2-1サウジアラビア 埼玉]

 4日前のオマーン戦で約2年2か月ぶりの先発出場を果たしたばかりだ。しかし、2ゴールを奪って猛アピールに成功したFW大迫勇也(ケルン)は、グループ首位のサウジアラビアをホームに迎えた大一番でも1トップのポジションを任された。

 大迫にとってはW杯最終予選初出場となった。しかし、「緊張する必要もないし、いつもやっていることをやるだけ」と気負い過ぎることなくピッチに立った。そして、“いつもどおり”のプレーでチームに攻撃のリズムをもたらす。

 最前線に入った大迫は相手選手を背負ってパスを受ける回数が多くなるが、しっかりと相手とボールの間に体を入れてボールキープ。味方の攻め上がりを促してボールを預けると、自らはゴール前に顔を出して積極的にシュートを狙った。特にオマーン戦に続いてトップ下に入ったMF清武弘嗣(セビージャ)との連係には手応えをつかんでおり、「キヨくん(清武)と良い距離感でできたので、これを続けることでもっともっと相手に脅威を与えたい」と自信を覗かせる。

 この試合ではFW本田圭佑(ミラン)やFW岡崎慎司(レスター・シティ)、MF香川真司(ドルトムント)ら長年A代表をけん引してきた選手に代わり、大迫、清武、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)、FW久保裕也(ヤングボーイズ)が攻撃のユニットを形成した。

 大一番でのバヒド・ハリルホジッチ監督の決断に、「僕が監督ならこういう采配はできない」と答えながらも、「ただ、そういう采配をしてくれたので、その期待に応えたかった」。清武とも試合前に言葉を交わしたようで、「俺らが頑張らないとダメ」「ここでやらないとダメだろ」と自らを奮い立たせてピッチに向かっていた。

 自身には得点はなかった。しかし、前線の基準点となり、十分な存在感を示してチームの勝利に貢献。初めて最終予選を経験した男は、「良い緊張感があるし、この中でできるのは幸せ。楽しかったですね」と充実感を滲ませた。

(取材・文 折戸岳彦)

●ロシアW杯アジア最終予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧

TOP