beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

前副社長の資金私的流用の盛岡に制裁金500万円…J3ライセンスは交付

このエントリーをはてなブックマークに追加

グルージャ盛岡に来季のJ3ライセンスが交付された

 Jリーグは16日に理事会を開催し、J3ライセンス発行が継続審議となっていたグルージャ盛岡に対し、ライセンスを交付する決定を下した。

 盛岡は今年3月から8月にかけて、当時代表取締役副社長を務めていた人物による約5000万円の資金私的流用が発覚。Jリーグによると、現在も本人からのクラブへの貸付金および立替経費を控除した2404万5721円が回収困難の状況にあるという。

 しかし来季のライセンス発行は決定。その代わり制裁として始末書をとり、将来を戒めるけん責を行うとともに、制裁金500万円を科した。

TOP