beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「優勝の余韻がまだあったのかな」同点アシストの永木は入りの悪さを反省

このエントリーをはてなブックマークに追加

積極的な攻撃参加から同点ゴールをアシストしたMF永木亮太

[12.8 クラブW杯1回戦 鹿島2-1オークランド・シティ 横浜]

 虎視眈々と前に行くチャンスをうかがっていた。0-1で迎えた後半22分、鹿島アントラーズはMF永木亮太がMF遠藤康とワンツーの形でPA内右に進入。深い位置までえぐってDFを引き付けると、冷静にマイナスに戻し、FW赤崎秀平の同点ゴールをアシストした。

 試合後、プレイヤー・オブ・ザ・マッチ(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出されたボランチは「後半始まってすぐにセットプレーで1点取られたので、点を取りに行くしかなかった」と振り返り、より攻撃の意識を強めたという。

「前半もボールは回せていたけど、決定的なチャンスはつくれていなかった。深い位置にボールが入ったら攻撃参加しようと思っていた。試合前から思っていたけど、それをより強くした結果、同点ゴールにつながって良かった」

 石井正忠監督も「全体的に体が重たそうに見えた」と指摘した前半はなかなか試合のリズムが上がらず、チャンスらしいチャンスをつくれずに45分間を終えた。さらに後半5分にセットプレーから失点。そこでようやく目が覚め、逆転勝利につながったが、これから先、同じ失敗を繰り返すわけにはいかない。

 Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦から中4日。歓喜の優勝から1週間足らずでは、体の面でも心の面でも切り替えるのは難しかった。「優勝した余韻がまだ自分たちの中にあったのかなと思う」。そう率直に語る永木は「次の試合からはしっかり反省して、タイトな日程は言い訳にならないし、しっかり気を引き締めてやりたい」と力を込めた。

(取材・文 西山紘平)

●クラブW杯2016特集

TOP