beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグEAST]FC東京U-18との首位決戦制した青森山田が初優勝!!:第18節

このエントリーをはてなブックマークに追加

首位決戦で勝利した青森山田高(青森)が初優勝を飾った

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグEAST

 高校年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグEASTは11日、最終節を行い、青森山田高(青森)が初優勝を飾った。青森山田は17日のチャンピオンシップ(埼玉)でプレミアリーグWEST優勝のサンフレッチェ広島ユース(広島)と戦う。

 首位で最終節を迎えた青森山田は勝ち点1差の2位・FC東京U-18(東京)とアウェーで優勝を懸けて激突。MF内田宅哉にサイドを破られて決定的なシーンもつくられた青森山田だが、ゴール前で譲らず。また非常に強度の高い守備で相手に得点を許さない。後半、FC東京が攻勢を強めて個人、連係でサイドを切り崩すシーンを増やしたが、青森山田はMF住永翔主将や来季FC東京トップチームへ加入するGK廣末陸ら中心に守り続けると後半40分、交代出場のFW佐々木快が獲得したPKを千葉内定MF高橋壱晟が右足で決めて決勝点。1-0で勝った青森山田が高体連チームでは13年の流通経済大柏高以来となる頂点に立った。

 青森山田と勝ち点3差だった3位・大宮アルディージャユース(埼玉)は横浜F・マリノスユース(神奈川)のFW渡辺力樹に2得点、MF吉尾海夏(トップチーム昇格)にダメ押し点を許して0-3で敗れた。

 MF西羽拓の決勝点によって清水エスパルスユース(静岡)に1-0で勝った市立船橋高(千葉)が3位でシーズン終了。柏レイソルU-18(千葉)はFW昼間拓海の先制点などによって来季降格するアルビレックス新潟U-18(新潟)に2-0で勝ち、同じく来季降格の流通経済大柏高(千葉)はFW中村翼の先制点などによって鹿島アントラーズユース(茨城)に3-1で勝っている。

【プレミアリーグEAST第18節】(12月11日)
[流通経済大柏高]
流通経済大柏高 3-1 鹿島アントラーズユース
[流]中村翼(14分)、加藤千尋(26分)、本田憲弥(90分+2)
[鹿]西本卓申(78分)

[日立柏サッカー場]
柏レイソルU-18 2-0 アルビレックス新潟U-18
[柏]昼間拓海(20分)、中村陸(58分)

[船橋市法典公園(グラスポ)球技場]
市立船橋高 1-0 清水エスパルスユース
[市]西羽拓(8分)

[東京ガス武蔵野苑多目的グランド(人工芝)]
FC東京U-18 0-1 青森山田高
[青]高橋壱晟(85分)

[横浜市三ツ沢公園陸上競技場]
横浜F・マリノスユース 3-0 大宮アルディージャユース
[横]渡辺力樹2(1、55分)、吉尾海夏(86分)

※日程は3月発表、変更あり
▼関連リンク
2016プレミアリーグEAST

TOP