beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグ参入戦]「挽回したい」札幌U-18のエースFW菅大輝は昇格決定戦で最高の活躍をしてトップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.16 高円宮杯プレミアリーグ参入戦1回戦 明徳義塾高 1-3 札幌U-18 呉市総合スポーツセンター多目的G]

 エースは左の“大砲”で先制点を叩き込んだ。前半アディショナルタイム、今季、J2デビューも果たしている北海道コンサドーレ札幌U-18FW菅大輝はPKを左足で叩き込んだ。ぬかるんだピッチで神経質になってもおかしくないようなシーン。だが、「ピッチがああいう状況なのでとりあえず枠に行けばいいだろうと」というFWは思い切り左足を振り抜いてチームに歓喜をもたらした。

 難しいPKを決め、後半12分には3点目のゴールも演出した。だがボールが落ち着かない展開の中でいい形で前を向くことができず、抜け出しや非常にパワフルな左足のシュートなど“スペシャル”な武器を見せる回数を増やせなかったことを反省する。

「だいたいの人がそう思っていると思うので、次の試合で挽回できるように頑張りたいです。自分の武器である左足シュートやキックをきょうは全然できていなかった。次の試合は積極的に出していきたいと思います」。

 勝利には大きく貢献したものの、彼の実力を知っている人たちにとっては“物足りない試合”に。だからこそ、U-19日本代表のエースはプレミアリーグ参入を懸けた一戦となる米子北高戦(18日)での活躍を誓った。「きょうは何もやっていないと思っているので、この1日で改善できることはないと思うんですけど、自分の100パーセントを出せるようにしたいと思っています。」

 来季のトップチーム昇格が決まっている菅。「まずプロ開幕戦スタメン、プロ初ゴール」を掲げるFWは最後にエースとして活躍をしてU-18チームに「恩返し」する。
 
(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ

TOP