beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

4戦8発で“得点王”、筑波大FW中野誠也が大会最優秀選手「自信になる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW中野誠也(3年=磐田U-18)が“得点王”に値する最多8得点と爆発し、大会最優秀選手に輝いた

[12.18 全日本大学サッカー選手権(インカレ)決勝 日体大0-8筑波大 駒場]

 エースが自らのゴールで華を添えた。今大会では得点王の規定はないが、初戦となった2回戦から決勝までの全4試合で連続ゴールを記録したFW中野誠也(3年=磐田U-18)が、決勝戦で2回戦の中京大戦(5-0)に続く2度目のハットトリックを達成。“得点王”に値する最多8得点と爆発し、大会最優秀選手に輝いた。

 試合終了の笛が鳴ると真っ先にベンチに走り、小井土正亮監督と抱き合った。試合後の会見では指揮官に「中野誠也くんのおかげじゃないですかね」と持ち上げられ、照れ笑い。殊勲のストライカーは「(大会最優秀選手賞は)嬉しいことですが、日本一を目指している中で、後から結果がついてきた」と謙虚に語った。

「チームに貢献できたとは思ってますけど、1人で点を取るタイプじゃないので周りのおかげ。得点を取れたことは自信になるけど、周りがあっての自分。感謝しないといけないし、その気持ちは常に持ちながら今後もプレーしていきたい」

 裏への飛び出しとスピードが真骨頂。決勝の舞台で持ち味を十分に発揮し、巧みなゴールで魅せた。まずは2ー0で迎えた前半アディショナルタイム、後方からのフィードに反応すると、絶妙な右足のタッチで一歩抜け出して相手DFを置き去りにし、ドリブルでそのままPA内に進入。GKとの1対1から落ち着いて右足で蹴り込むと、強烈なシュートはGKの右腕に当たったものの、ゴールネットへと吸い込まれた。

「3点目は自分としてもチームとしてもよかった。会津(雄生)のフィードが自分の走ったタイミングとベストで合った。ちょっとタッチしたら相手が崩せるかと思ったら相手もミスをしてくれて、ミスを突いてうまく攻めれた」と会心の一撃に自信をにじませた。

 後半に入っても勢いは止まらない。同8分、日本体育大DFンドカ・ボニフェイス(3年=浦和東高)との競り合いからヘディングで素早く抜け出すと、PA内に侵入し、右足シュートを叩き込んだ。終了間際の同44分にもスルーパスに抜け出し、冷静に左足で流し込み、チームはそのまま8ー0で大勝。筑波大にとって2003年以来13年ぶりとなる全国制覇を果たした。

「日本一になって、プラスMVPを取れたっていうのは自分としての自信になる」と胸を張ると、「常に挑戦者の気持ちを持って、開幕から今以上のものが出せるようにチームとしてやっていきたい」と気を引き締めた。「来年はリーグも総理大臣杯もインカレも取れるようなチームにしたい。明日から、気合を入れ直して取り組んでいきたい」。来季はインカレ王者のプライドを胸に、“強い筑波”を証明し続ける。

(取材・文 佐藤亜希子)

●第65回全日本大学選手権(インカレ)特集

TOP