beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

責任背負い泣き崩れる…日本体育大GK福井「自分の犯した8失点を絶対に忘れない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

準優勝で終えた日本体育大、来季以降のリベンジを誓う

[12.18 全日本大学サッカー選手権(インカレ)決勝 日体大0-8筑波大 駒場]

 立っていられなかった。涙が溢れて止まらず。4年生への感謝や自身の不甲斐なさ。様々な感情に押しつぶされるかのようにしゃがみ込んでいた。日本体育大は全日本大学選手権(インカレ)決勝で筑波大に0-8の大敗。日体大のゴールマウスを守ったGK福井光輝(3年=湘南工大附高)は「自分の力不足です」と泣き腫らした目で語る。

 後期リーグ戦ではGK長谷川洸(3年=東京Vユース)の後塵を拝していた福井だが、リーグ最終節で先発起用されるとインカレでは初戦・2回戦の静岡産業大戦から全4試合に出場。準々決勝・関西学院大戦(1-1・PK4-3)ではPKストップで勝利の立役者となるなど、正守護神として日体大を決勝へ導いた。悔しさをかみ締める時間が長かった今シーズン。最後を笑顔で締めたかったが、結末は非情なものだった。

 迎えた筑波大戦。前半28分に先制されると失点を重ねた。0-2の前半終了間際アディショナルタイム1分には、相手エースFW中野誠也(3年=磐田U-18)との一対一。シュートは福井の右腕を叩いたがゴールイン。0-3で前半を終えた。

 そして後半は一気に5失点。カウンターで押し込まれたため、相手選手と一対一の場面が続いたが止めきれず。0-4の後半16分にはFW北川柊斗(3年=名古屋U18)が右サイドからドリブルで抜けてきた。焦ったGKはニアサイドへ寄りすぎてしまい、ファーを抜くシュートを決められた。「あの場面でもう一歩、(ファーサイドへ)いっていれば……ボールを触れたと思います」。後悔は尽きない。

「自分の力不足です。自分が最後の砦としてゴールマウスを守っているので。ほとんどが一対一だったんですけど、そこで止めていればチームは勢いづきますし、それができなかったのが本当に悔やまれます」

 0-8で試合を終え、ベンチ前に戻った福井は泣き崩れた。スタンドへ挨拶へいくため、チームメイトに声を掛けられたが、なかなか立ち上がることができず、一歩が前へ出ない。肩を震わせ涙した。胸中にあったのは、自らの不甲斐なさを嘆くと同時に、この大会を最後にチームを去る4年生への想いだった。

「4年生に馬場さん(GK馬場拓郎(4年=FC東京U-18)という一番尊敬しているGKがいるんですが、その人がいつも横にいてくれて、それで自分は頑張ることができたので……。こういう試合のとき、馬場さんはメンバーを外れても、チームのためにいつもできることをやってくれていた。その人を優勝させたい気持ちでいっぱいだった。その馬場さんの姿が浮かんでしまって、自分は何もできていないと……」

 自分をチームを支えてくれた先輩のためにも、日本一が欲しかった。「自分が日体大のエンブレムを背負い、GKという一つのポジションで試合に出ているということに対して、こういう結果になって、もう言葉が出なかったです」。やりきれない想いでいっぱいだった。

「監督は“この結果を忘れるな”と最後のミーティングで言っていました。一人ひとりのポジションの役割をもっと突き詰めないといけないと思います。自分の犯した8失点を絶対に忘れないで、これを機にまた頑張っていきたいです」

 2016シーズンはかつてない悔しさを持って幕を閉じた。とはいえ、自身初の全国大会で決勝の舞台を踏めたことは、今後への大きな糧となるはずだ。日体大の最終ラインは左SB高野遼(4年=横浜FMユース)以外、2、3年生で構成されているため、リベンジの機会はまだ来季以降に残されている。同学年のライバルGK長谷川たちと切磋琢磨し、再びこのファイナルの舞台へ“忘れ物”を取りに帰ってくる。

(取材・文 片岡涼)
●第65回全日本大学選手権(インカレ)特集

TOP