beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「自分でもビックリするくらい喜んだ」 DF谷口、クラブを初の決勝へ導く千金弾

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点を奪った川崎フロンターレDF谷口彰悟

[12.29 天皇杯準決勝 大宮0-1川崎F 日産]

 チームを救った。0-0のまま、残された時間はわずかに5分なる。しかし、ここで川崎フロンターレDF谷口彰悟が大仕事をやってのけた。

「大宮は寄せも切り替えも早かった」。そう谷口が話したように、序盤から大宮の激しい守備と鋭い攻撃に苦しめられる。だが、「耐えるところは耐えようと意思統一できていたし、割り切っていた」とまずは失点を防ぎ、試合を進めた。

「耐える時間が長かったけど、チーム全員がコミュニケーションをとりながら耐えられていた。後ろがゼロに抑えていれば、点を取ってくれると思っていた」。そして、スコアレスのまま迎えた後半40分、谷口自身が待望の先制点を奪取する。

 MF中村憲剛が蹴り出したCKの流れから、ゴール前でDFエドゥアルドが競り勝ってボールがこぼれると、谷口が右足で合わせる。ボールがゴールマウスに吸い込まれると、「自分でもビックリするくらい喜んでいた」とチームメイト、そしてサポーターと喜びを爆発させた。

「前半の内からセットプレーは何本かあったし、フリーになることもあったのでチャンスかなと。泥臭い感じだったけど、最後まで狙い続けた結果、自分の前にこぼれてきたと思う。最後に自分が決められて良かったです」

 チーム初となる天皇杯決勝の舞台で対戦するのは、チャンピオンシップ準決勝で敗れた鹿島。「今度は勝てるように最高の準備をしたい。天皇杯決勝は一つの夢が叶ったと思うけど、そこで勝つのと負けるのとでは大違いなので、絶対勝ちたい」と静かに闘志を燃やした。

(取材・文 折戸岳彦)

●第96回天皇杯特設ページ

TOP