beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[横山杯]実践学園の強力ストッパー、DF斎藤彰人が大会MVPに

このエントリーをはてなブックマークに追加

大会MVPに選出された実践学園高のストッパー、DF齋藤彰人

[12.29 横山杯1st(トップ)FINAL GAME 実践学園高 0-0(PK4-3)慶應義塾高 神栖市若松運動場]

「横山杯 第17回全国ユース招待サッカー大会」の大会MVPには実践学園高のストッパー、DF齋藤彰人が選出された。

 チームはFINAL GAMEで決勝リーグ以降の4試合で3度目となる完封勝利。右DFを努めた齋藤は16年の全国高校総体に出場している慶應義塾高相手にも180cmの長身と跳躍力を活かして空中戦で強さを発揮したほか、球際での激しい当たりで相手アタッカーを潰し続けて優勝に貢献した。

 表彰式でMVP選手として名を告げられた齋藤は「(自分の名が呼ばれるとは)全然思っていなかったですね」と驚きの表情。そして「今大会、守備陣が結構失点少なく来ていたんで、そこは一個成長できたかなと思います」と胸を張った。

 今後は伝統ある横山杯のMVP選手として、その栄誉に恥じることのないプレーをしていく。「いつも通り、これまで以上にチームメートに影響力出していったり、試合ではチームのために守備できるか、そういう部分も突き詰めていきたい」と誓った。

 そしてチームとしての課題を改善して、目標をクリアしていく。「今大会は自分たちのどんどんチャレンジしていくという部分で臨んで行って強豪相手にできた部分もあったと思うんですけど、きょう最後の決勝では運動量少なかったり、課題も残ったので(慢心することなく)1年間頑張っていきたいと思っています」。茨城の地でMVPを獲得した2年生の強力ストッパー。来年の冬は、選手権で輝きを放つ。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
横山杯 第17回全国ユース招待サッカー大会特設ページ
横山杯大会公式ページ

TOP