beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

引退の森崎浩司氏が広島の初代アンバサダー就任

このエントリーをはてなブックマークに追加

森崎浩司氏が広島の初代・アンバサダーに就任した

 サンフレッチェ広島は5日、2016シーズン限りで現役を引退した森崎浩司氏(35)が「サンフレッチェ広島アンバサダー」に就任することを発表した。

 クラブは公式サイト上で「『サッカー事業を通じて夢と感動を共有し、地域に貢献する』というクラブ理念を実現していくため、地元出身であり、ユースを含めて20年間、サンフレッチェ広島で活躍した森崎浩司氏を初代・アンバサダーとして任命することになりました」と説明。今後、森崎氏は各種イベントやメディア、SNS等を通じ、広島の魅力を発信する「広報大使」として、様々な活動を行っていくとしている。

 森崎氏は同サイトを通じ、「これからもサンフレッチェ広島のために自分にできる限りの仕事をし、クラブに貢献していきたいと思います。今後ともサンフレッチェ広島の支援、応援をよろしくお願いします」とコメントした。

TOP