beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「京子」に「水谷」 好きなように呼んで!? FC東京GK林、“総入れ替え”GK陣最年長の覚悟

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥栖から加入したFC東京GK林彰洋

 総入れ替えとなったGK陣の中で最年長となる。鳥栖からFC東京に加入した29歳のGK林彰洋は新天地でのスタートを切り、GK陣ををけん引していこうと決意している。

 移籍を決断する決め手を、「スタッフの方から『優勝するためにぜひ来てほしい』と言われ、細かい部分の話を聞いたときに同意できた。それと自分が成長するために、新たな場所でチャレンジしたい気持ちがあった」と語ると、さらに「地元に近いので、地元に貢献するタイミングかなと思っている」と続けた。

 GK4人は全員が新加入選手。長崎から移籍加入した27歳のGK大久保択生の他には、青森山田高から加入したGK廣末陸とFC東京U-18から昇格したGK波多野豪とルーキーが2人。年齢的にも経験値においても、林がGK陣をけん引する存在となるだろう。そして、本人もその覚悟を口にしている。

「年齢的にもそうだし、いろいろなことを話しながら、伝えながら、僕も一緒に成長していきたい。新たなGKコーチの練習方法を早くつかんで、皆で話し合って共有できたら、GKとしての全体のレベルも上がると思うので、そういうのに一役買えたらいい」

 サポーターから何と呼ばれたいかという質問には「僕はあだ名が多い。『林』『彰洋』と呼ばれることもあるけど、(似ていると言われるレスリングの浜口)『京子』や『水谷』(同様に卓球の水谷隼)と呼ばれることもあるので、好きなように呼んでほしい」と語って、報道陣の笑いを誘うなどユーモアあふれる守護神は、「個性的な選手たちとコミュニケーションを深め、最後尾でチームを円滑に回せるようにしたい」と力を込めた。

(取材・文 折戸岳彦)

●2017年Jリーグ移籍情報
●2017シーズン新体制&背番号一覧

TOP