beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「『はじめてのおつかい』見ました!」FC東京サポーター2000人が大久保を歓迎

このエントリーをはてなブックマークに追加

FC東京のユニフォームに袖を通したFW大久保嘉人

 2000人のFC東京サポーターに迎えられた。川崎FからFC東京に完全移籍で加入したFW大久保嘉人は青赤の戦士となり、2017シーズンの初練習でチームメイトたちと汗を流した。小平グランドにはファン・サポーター約2000人、報道陣106人が集結。注目度の高さに、「嘉人さん効果かな」と主将のDF森重真人も驚きを隠さなかった。

 大久保は1月9日放送のテレビ番組『はじめてのおつかい』(日本テレビ系列)に出演。おつかいに挑戦する三男の橙利(とうり)くんを見守る“大久保パパ”の姿は大反響を呼び、この日も多くのファンから「『はじめてのおつかい』見ました!」と声をかけられ、笑顔でハイタッチに応じた。

「あれだけ(サポーターが)くるチームは今までなかった。それだけ期待されてると感じた。FC東京のためにやってやろうという気持ちになった」

 クラブ史上初となるJ1優勝へ。「2年前にも一回オファーをもらったけど、もう一回来るとは思っていなかった。その熱意が伝わった」と新天地での挑戦を決断。「今まで経験したことを伝えないといけない」と“役割”を自覚する経験豊富なベテランFWは「激しさ、ずる賢さが大事になる」と、相手に嫌がられるような球際の激しさをチームに伝えるつもりだ。

 森重、DF丸山祐市ら日本代表選手を擁するクラブには、フィテッセから2年ぶりに復帰したDF太田宏介や名古屋からFW永井謙佑らが加わり、選手層に厚みが増した。華やかなタレント集団の先頭に立ち、「ひとつになって、強いチームをつくっていきたい」とクラブに悲願のタイトルをもたらそうとしている。

 背番号は思い入れのある13番に決定。国見高時代から神戸、川崎Fでも慣れ親しんできた数字だけに、「この番号は変えたくない好きな番号。この番号で頑張りたい」と声を弾ませる。個人として目指すのは2年ぶり4度目の得点王だ。「常に、プロに来てからずっと目指してる」と力を込めるストライカーが、味の素スタジアムでもゴールを量産していく。

(取材・文 佐藤亜希子)

●2017年Jリーグ移籍情報
●2017シーズン新体制&背番号一覧

TOP