beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ロッベン、シャビ・アロンソの引退を望まず「まだチームに貢献できる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルンでともに戦うシャビ・アロンソとロッベン

 バイエルンのオランダ代表FWアリエン・ロッベンは、チームメイトであるシャビ・アロンソの今シーズン限りでの引退報道についてコメントしている。

 ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によれば、アロンソは昨年末、クラブ幹部に対して今シーズンいっぱいでの現役引退の意思を示したという。しかし先日、契約を1年延長したロッベンは、アロンソも同じくクラブとの契約を延長してほしいと語っている。

「まだ決定事項ではないと思う。シャビは僕より2つ年上だ。彼がキャリアを続けたいなら、決断しなければならない。彼は信じられないキャリアを送ってきたし、すべてのタイトルを獲得した。シャビは真のプロフェッショナルで、チームにもフィットしている。彼はまだチームに貢献できるクオリティがあるし、もう1年残ってくれたら嬉しいね」

 また、自身の契約延長については「とても幸せだ。今までと同じレベルでプレーできるし、したいとずっと言ってきた。来季も今季と同じように上手く過ごせれば、また1年延長する可能性があるだろう。しかし、先のことはわからない。今はフットボールで頭がいっぱいだし、契約延長の話が終わり、プレーに集中できる」とした。

●ブンデスリーガ2016-17特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP