beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンUが余裕の試合運びで3発完封勝利…岡崎先発のレスターは4連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダメ押しの3点目を決めたフアン・マタ

[2.5 プレミアリーグ第24節 レスター・シティ0-3マンチェスター・U]

 プレミアリーグは5日、第24節を行った。マンチェスター・ユナイテッドは敵地でFW岡崎慎司が所属するレスター・シティと対戦し、3-0で勝利した。2試合ぶりの先発となった岡崎は、前線からの守備で奮闘も前半のみの出場に終わった。

 3連敗で降格圏18位と勝ち点2差となったレスターは、前節バーンリー戦から2人を変え、岡崎がトップ下、FWアーメド・ムサが左サイドに入った。対する3試合連続で引き分け中のユナイテッドは、前節ハル・シティ戦から3人を変更。コートジボワール代表としてアフリカネーションズ杯に出場していたDFエリック・バイリーが先発復帰し、DFクリス・スモーリングとMFフアン・マタが先発で起用された。

 試合はユナイテッドペースで進む。前半6分、MFポール・ポグバのくさびのパスをFWズラタン・イブラヒモビッチが左に叩き、DFマルコス・ロホが左足アウトサイドで技ありシュート。同35分には、ポグバのパスをPA左で受けたFWマーカス・ラッシュフォードがワンタッチでシュートコースを作り、右足を振り抜くもGKカスパー・シュマイケルのセーブに阻まれた。

 なかなかレスターの守備を崩すことができなかったユナイテッドだが、前半終了間際にゴールネットを揺らすことに成功する。同42分、センターサークル内でボールを受けたMFヘンリク・ムヒタリアンがDFロベルト・フートと体を入れかえて、カウンター発動。そのままPA内まで持ち込んでムヒタリアンがGKとの一対一を制した。さらに同44分、右サイドで縦に仕掛けたMFアントニオ・バレンシアのグラウンダーの折り返しをイブラヒモビッチが右足で合わせ、一気に2-0とした。

 2点ビハインドのレスターは後半開始からムサと岡崎を下げて、MFアンディ・キングとMFデマライ・グレイをピッチに送り込む。しかし、次にゴールネットを揺らしたのもユナイテッドだった。後半開始からDFダレイ・ブリントを入れたユナイテッドは後半4分、右サイドでボールを受けたマタが中央にカットインし、ムヒタリアンとのリターンから左足シュートを流し込み、3-0とリードを広げた。

 相手への寄せが甘いレスターは、後半12分にPA手前の右側でFKを獲得。これをキッカーのMFリヤド・マフレズが、割れた壁のわずかな隙間を抜くシュートを放つもゴール右に外れ、得点とはならず。同17分には、ブリントの一本のパスでマタに完全に抜け出されるも、ミスキックに助けられ、さらなる失点は免れた。

 余裕の試合運びをみせるユナイテッドは、後半32分にMFマルアン・フェライニ、同38分には移籍の噂も報じられたMFアシュリー・ヤングを入れた。試合は最後までチャンスを与えなかったユナイテッドが3-0で完封勝利。1月2日以来、4試合ぶりの白星を飾った。一方のレスターは、4試合無得点で泥沼の4連敗となった。


●プレミアリーグ2016-17特集
●欧州組完全ガイド

TOP