beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

U-18日本代表がスペイン撃破で“初”タイトル! 田中が大会MVP、堀が得点王に

このエントリーをはてなブックマークに追加
 スペイン遠征を行っているU-18日本代表は10日、『コパ・デル・アトランティコ』の最終戦でU-18スペイン代表と対戦し、2-0で勝利した。この結果、3戦全勝の日本の優勝が決定した。

 2勝同士で優勝が懸かった一戦。前半はスコアレスに終わったが、試合は後半の立ち上がりに動く。日本は後半3分、左サイドからのMF田中陸のアーリークロスに反応したFW堀研太が裏に抜け出し、左足で先制のゴールネットを揺らす。さらに同23分、FW田川亨介の左クロスを最後はFW郷家友太が左足で上手く合わせ、GKの手を弾いて追加点を挙げた。

 試合は堀の3試合連続ゴール、郷家の2試合連続ゴールの日本が2-0で逃げ切り、強豪スペイン完封勝利。チームの立ち上げとなった大会でU-18日本がタイトルを獲得した。なお、大会MVPを田中、得点王を堀が受賞した。

 日本サッカー協会(JFA)によると、影山雅永監督は、「初戦から3試合通して、1試合90分ごとに選手が成長し、勇敢に戦ってくれた結果、優勝を勝ち取ることができました。ただ、最後の強豪スペイン戦の前半のように、気持ちに緩みやスキができると自分達のサッカーできない弱さがあります。その辺をこれから修正していけたら、楽しみなチームになると信じています。ただ、今回は選手達によく戦ってくれたと感謝したいです」と優勝を喜んだ。

 以下、出場メンバー

U-18日本 2-0(前半0-0)U-18スペイン
■得点者
[日]堀研太(48分)、郷家友太(68分)
■出場メンバー
GK 大迫敬介
DF 杉山弾斗
DF 橋岡大樹
DF 中川創
DF 川井歩
MF 田中陸
(85分→DF 俣野亜以己)
MF 伊藤洋輝(Cap)
MF 藤本寛也
MF 堀研太
(74分→MF 井澤春輝)
FW 安藤瑞季
(67分→FW 田川亨介)
FW 郷家友太
(74分→FW 中島元彦)
■控え
GK 若原智哉
DF 阿部海大
DF 生駒仁
MF 酒井将輝
MF 山田康太

TOP