beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レアルでもバルサでもない…ブッフォンがCL準々決勝で“避けたい相手”

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォン

 14日に行われたUEFAチャンピンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第2戦でポルト(ポルトガル)と対戦したユベントス。前半42分にFWパウロ・ディバラのPKで先制したチームは、数的優位を生かして逃げ切り1-0の完封勝利を収め、2試合合計3-0としてベスト8進出を決めた。GKジャンルイジ・ブッフォンが準々決勝で最も当たりたくない相手を挙げていることを『メディアセット・プレミアム』に明かしたことを『ESPN』が報じている。

 ブッフォンが名前を挙げたチームとは、レアル・マドリー(スペイン)やバルセロナ(スペイン)、バイエルン(ドイツ)と言った優勝経験のあるチームではなく、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティ(イングランド)だった。

「避けたいのはレスター・シティだね。彼らはある種の熱気、熱意に包まれている。だが、それだけでなく、イニシアチブを握ってこちらを切り崩すだけの武器を持っている。難しい相手になるよ」

 レスターは決勝トーナメント1回戦第1戦でセビージャ(スペイン)に1-2で敗れていたが、14日の第2戦で2-0の勝利を収めて逆転でのベスト8進出を決めた。なお、準々決勝の組み合わせ抽選会は17日に行われる。


●欧州CL16-17特集
●セリエA2016-17特集



TOP