beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ウタカがいきなりPK弾! FC東京圧巻のゴール劇で仙台を6発粉砕、白星発進

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.15 ルヴァン杯グループA第1節 FC東京6-0仙台 味スタ]

 2017シーズンのルヴァン杯が15日に開幕し、味の素スタジアムではFC東京ベガルタ仙台が対戦した。MF阿部拓馬とMF中島翔哉が2得点、途中出場のFWピーター・ウタカがデビュー戦でいきなりPK弾を沈めるなど、FC東京が圧巻のゴール劇で6-0勝利。ルヴァン杯白星発進を切った。

 FC東京はJ1第3節G大阪戦(0-3)からGK林彰洋、DF森重真人、MF高萩洋次郎を除く先発8人を変更。システムは4-2-3-1で、最終ラインは右からDF徳永悠平、DF吉本一謙、森重、DF小川諒也。高萩とMF田邉草民がダブルボランチを組み、2列目は右からMFネイサン・バーンズ、阿部、中島。FW前田遼一が1トップを務めた。
 仙台はJ1第3節神戸戦(0-2)からDF大岩一貴、MF三田啓貴を除く先発9人を変更。システムは3-4-2-1で、GKはシュミット・ダニエル、3バックは右から大岩、DF増嶋竜也、DF常田克人。三田とMF藤村慶太がダブルボランチを組み、右ウイングバックにMF茂木駿佑、左にDF蜂須賀孝治。前線はFW野沢拓也を頂点にMF金久保順、FW西村拓真がシャドーの位置に入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 立ち上がりからFC東京がボールを保持し、徐々に攻撃のリズムをつかんだ。前半20分、右CKから中島が浮き球のクロスを入れると、ファーサイドの吉本がヘディングシュート。これはGKシュミット・ダニエルが落ち着いてキャッチしたが、前半26分に均衡が破れる。中島のパスを受けた徳永がPA右からグラウンダーでマイナスに折り返すと、エリア内の阿部が右足を一閃。強烈なダイレクトシュートはGKの手をかすめ、ゴール左に突き刺さった。

 1-0で前半を折り返すと、FC東京は後半に入っても攻撃の手を緩めず、同6分にもカウンターから追加点。バーンズのパスに抜け出した中島がスピードに乗ったドリブルでPA内まで運ぶと、増嶋をかわし、左足シュートでゴールネットを揺らした。

 なおもゴールラッシュは止まらない。さらに2分後の後半8分、スライディングで相手のボールを奪った阿部が素早くつなぎ、バーンズがPA内右からシュート。一度はGKに弾き出されたが、こぼれ球を阿部が押し込み、3ー0。阿部がこの日2得点目となるゴールを決め、勝利を決定づけた。

 試合を支配するFC東京は後半22分、前田に代えて期限付き移籍で電撃加入したウタカを投入。ウタカはそのまま1トップに入った。すると、同29分に阿部が相手のハンドでPKを獲得。キッカーを務めたウタカが落ち着いて右足でゴールネット右上に突き刺し、4ー0にスコアを動かした。

 さらに後半38分、PA右から阿部が送ったクロスを小川がヘディングで折り返し、ゴール前のウタカが左足ダイレクトボレー。GKがシュートを弾いたが、こぼれ球を橋本が押し込み、5得点目。後半43分にもウタカが中島とワンツーの形で右サイドを抜け出すと、迫力あふれるドリブル突破からPA内へラストパス。中島が落ち着いて左足シュートを流し込み、FC東京が6ー0で完勝した。

(取材・文 佐藤亜希子)

●ルヴァン杯2017特設ページ



TOP