beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]鳥取城北は2-0から悔しい逆転負けで中国1勝ならず、課題改善して初の全国へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥取城北高MF吉田響稀が左足シュート

[3.18 中国高校新人大会1回戦 倉敷翠松高 3-2 鳥取城北高 広島皆実高G]

 悔しい敗退となったが、また一つ大きな経験を積んだ。鳥取城北高は16年度の全国高校選手権予選で準優勝。初の全国大会出場へ近づくと、MF田渕魁梨(新3年)や新主将のCB松尾歩(新3年)ら選手権予選決勝先発経験者4人を残すチームは県新人戦2位で中国新人戦出場を果たした。

 高い攻撃力を持つ高いレフティー・MF吉田響稀(新3年)や左サイドからのドリブルが効いていた10番MF塩見大地(新3年)、田渕らがボールを正確に繋いで攻める鳥取城北は前半18分に相手の連係ミスを突いた田渕が先制ヘッド。さらに21分にはMF澤田幸英(新3年)が左足で加点して2-0とした。

 だが、後半は倉敷翠松高のハイプレッシャーの前にリズムを崩し、決定機を活かせなかったこともあって相手の勢いを止めることができず。自分達のミスもあって3点を失って逆転負けした。

 課題が見えたと同時に自分達の良さも発揮していた鳥取城北。小池晋平監督は「前からハイプレッシャーをかけられた時に自信持って繋ぐところですとか、逆に攻撃だけじゃなくて守備でも主導権取っていくことができていければ」と中国大会で学んだ部分のレベルアップを期待した。

 年々選手層が向上してきているという鳥取城北。小池監督は「選手権に出ることが今年一番の目標です。去年決勝まで行けたので選手の中でもより具体的になってきた感じはあると思います」。大学生と戦っても強みを表現する試合がある一方、まだまだ波があることも事実。全国初出場を実現するという信念を持って努力し、今秋、選手権予選7連覇中の米子北高を止めて歓喜に舞う。

(取材・文 吉田太郎)



TOP