beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

レスターがV字回復だ! 守護神の好セーブ連発で今季アウェー初勝利、公式戦4連勝に

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイミー・バーディらの得点でレスターが逃げ切った

[3.18 プレミアリーグ第29節 ウエスト・ハム2-3レスター・シティ]

 プレミアリーグは18日、第29節を行った。FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは敵地でウエスト・ハムと対戦し、3-2で勝利した。3試合連続で先発出場の岡崎は、後半31分にピッチを後にした。

 14日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のセビージャ戦で、2-0と勝利をおさめ、2試合合計3-2で準々決勝進出を決めたレスター。その試合からメンバーを1人入れ替え、怪我のDFウェズ・モーガンに代えて、フィオレンティーナから復帰したDFヨアン・ベナルアンが今季初先発となった。

 クレイグ・シェイクスピア監督が就任後、公式戦3連勝中のレスターは、開始早々にMFマイケル・アントニオのシュートを浴びるも、直後にラッキーな形で先制のゴールネットを揺らした。右サイドでボールを受けたMFリヤド・マフレズがクロスを上げると、飛び込んだFWジェイミー・バーディと岡崎には合わなかったが、インスイングのボールがそのままゴールに吸い込まれ、1-0。マフレズの2試合連続ゴールでレスターが先制した。

 さらにレスターはすぐさま追加点を奪い、リードを広げる。前半7分、PA手前左でFKを獲得すると、マフレズのパスをペナルティーアーク内にいたMFマーク・オルブライトンが右足アウトサイドで浮き球パスをゴール前に送り、これに反応したDFロベルト・フートが頭で合わせ、2-0。今季リーグ戦のアウェーで勝利がないレスターが一気にリードを広げた。

 前半20分には、ゴール正面で与えたFKからMFマヌエル・ランシーニに直接決められ、ウエスト・ハムに1点を返されたが、同39分にエースが今季8点目を突き刺す。マフレズの右CKからゴール前で混戦となるが、ルーズボールをバーディが左足で押し込み、3-1。レスターのリードで前半を折り返した。

 2点を追うウエスト・ハムは後半18分、前半よりやや遠い位置でFKを獲得すると、再びランシーニが右足で直接狙い、しっかり枠を捉えていたが、GKカスパー・シュマイケルのファインセーブに阻まれてしまう。それでも、これで獲得したCKからFWアンディ・キャロルがヘッドで中央に折り返し、FWアンドレ・アイェウが頭で押し込み、2-3。早い時間帯に1点差とした。

 前線からハードにプレッシャーをかけ続けた岡崎とバーディに疲れが見え始めたレスターは、後半31分に2人を下げ、FWアーメド・ムサとFWイスラム・スリマニをピッチに送り込む。終盤に向けてはアイェウやキャロルにGKと1対1の場面を作られるなど、再三ピンチが訪れたが、GKシュマイケルのファインセーブもあり、レスターが3-2で逃げ切り勝利。開幕から7か月が経過した今季のプレミアリーグでついにアウェー初勝利を飾り、監督交代後、公式戦無傷の4連勝とした。


●プレミアリーグ2016-17特集
●欧州組完全ガイド

TOP