beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[新人戦]注目MF佐野ら存在示すも米子北は準々決勝敗退。課題表面化した守備面改善してプレミア開幕戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

中盤で存在感ある動きを見せた米子北高MF佐野海舟

[3.19 中国高校新人大会準々決勝 米子北高 0-3 岡山学芸館高 広島スタジアム]

「0-3」。今年から高校年代最高峰のリーグ戦、プレミアリーグWESTに参戦する米子北高にとっては“学びの敗戦”となった。

 中村真吾監督が指摘した点はファーストディフェンスの部分やサイドの守り。そしてラインの上げ下げの部分など多岐に渡った。これまでの練習試合ではなかなか課題にならなかったが、予兆はあったのだという。それが真剣勝負の公式戦で表に出てしまった。

「今まで何となく守れていた。でも、チャレンジ&カバーというところで簡単にヘディングでそらされて裏のスペース開けたり、逆に誰もいないのに(裏のスペースを)埋めすぎて前のスペース使われたり、そこで慌てて1タッチでパス入れられて……。何のためにライン上げたり、下がったりするのが分かっていないですから」

 守備については個々が再確認することが必要な状況。攻撃面でも相手の守りに綻びはあったが、そこを的確に突いて得点する“米北らしさ”は無かった。前半はFW城市太志(新3年)とFW高橋諒(新2年)のコンビネーションなどからシュートシーンを作り出し、攻撃の圧力を増した後半にはサイドからPAへボールを運ぶ回数を増やしていたが、遠かった1点。中村監督も「刺せないんですよね」と首を捻るしか無かった。
 
 それでも注目MF佐野海舟(新2年)は厳しいプレッシャーの中でも落ち着いてボールを動かすなど簡単にはボールを失わず、PA近い位置でも攻撃に絡んでチャンスメーク。左の坂田、右のFW馬場琢未(新3年)の両翼と仕掛け役もいる。昨年からの経験者はわずかだが、CB三原貫汰主将(新3年)を中心に開幕まで姿を変えることができるか。昨年も中国新人戦では準々決勝で敗れたが、そこから全国高校総体8強、プリンスリーグ中国連覇という結果を残しているだけにここからの成長が期待される。

(取材・文 吉田太郎)



TOP