beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

23歳久保のA代表初ゴールに34歳今野が代表復帰弾!!ハリルJがUAEにリベンジ果たし2位キープ

このエントリーをはてなブックマークに追加

後半6分、MF今野泰幸が追加点を決める

[3.23 W杯アジア最終予選 日本2-0UAE アルアイン]

 W杯アジア最終予選の第6節が23日、各地で行われ、日本代表は敵地でUAE代表と対戦し、2-0で勝利した。日本は前半14分にFW久保裕也の国際Aマッチ初ゴールで先制すると、後半6分には2年ぶりの代表復帰となったMF今野泰幸が追加点。4勝1分1敗とした日本は勝ち点13で首位サウジアラビアと並び、得失点差で2位をキープした。

 日本はGK川島永嗣が昨年6月3日のキリン杯・ブルガリア戦以来、約10か月ぶりのスタメンに名を連ねた。MF長谷部誠が負傷のため離脱した中盤では今野が15年3月31日のウズベキスタン戦以来の先発。昨年11月15日のサウジアラビア戦からは川島、今野を含む先発3人が変更となり、MF香川真司が昨年10月11日のオーストラリア戦以来、3試合ぶりに先発した。システムは4-3-3を採用。MF山口蛍をアンカーに置き、右前方に香川、左前方に今野が入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 引き分け以上で2位キープとなるが、負ければ4位転落の大一番。日本は前半5分、DF森重真人のロングフィードをPA内右のゴールラインぎりぎりで久保が折り返し、FW大迫勇也がシュートを狙うもミートせず。同7分にはFW原口元気から横パスを受けた大迫が右足でミドルシュートを打ったが、ゴール左に外れた。

 前半14分に貴重な先制点を奪う。香川が右サイドのDF酒井宏樹に展開。酒井宏はタッチライン際から中央にグラウンダーのパスを通すと、PA内右に走り込んだ久保が角度のない位置から右足を振り抜き、ゴールネットに突き刺した。

 久保のA代表初ゴールで先制した日本だが、荒れたピッチの影響か、ビルドアップでミスが目立つ。前半20分には自陣で森重がボールを奪われ、カウンターを受けるが、MFイスマイール・アルハマディのスルーパスに抜け出したFWアリ・マブフートのシュートは川島が1対1でビッグセーブを見せた。

 所属するメスでは今季公式戦でカップ戦に1試合出場したのみ。その試合勘が不安視された背番号1のファインセーブでピンチをしのぐと、2年ぶりの代表戦となった今野も中盤で献身的な守備を見せた。前半29分、川島のロングフィードを大迫が頭で流し、原口が右サイドから中に切れ込んで左足を一閃。しかし、これはゴール右に外れ、同45分の原口の右足ミドルも枠を捉えられなかった。

 1点リードで折り返した後半立ち上がりはUAEが勢いよく入った。後半5分にはアブドゥルアジズ・サンクールの左クロスにアルハマディがファーサイドから走り込むが、シュートは空振り。危ない時間帯をしのぐと、後半6分、ゲームキャプテンを務めるDF吉田麻也のロングフィードから追加点が生まれた。大迫の競り合いから久保が右サイドでボールをキープし、左足に持ち替えてクロス。ファーサイドに飛び込んだ今野が胸トラップから右足で押し込んだ。

 今野は14年11月18日のオーストラリア戦以来、約2年4か月ぶりとなる国際Aマッチ通算3ゴール目。2-0とリードを広げ、その後もしっかりとゲームをコントロールする。後半15分にはDF長友佑都の左クロスに大迫が頭で合わせるが、GKが好セーブ。日本は同26分に最初の交代カードを切り、香川に代えてMF倉田秋を投入した。

 そのまま右インサイドハーフに入った倉田は後半29分、前線に絶妙なスルーパスを通し、大迫が角度のない位置からシュートを打ったが、GKに阻まれる。同33分には疲労が見え始めた久保を下げ、FW本田圭佑を投入。すると後半36分にアクシデント。大迫が相手選手と激しく交錯し、左膝を抑えてピッチに倒れ込んだ。駆け寄ったドクターは「×印」をベンチに送り、同37分に交代でFW岡崎慎司が入った。

 大迫の状態は心配されるが、守備陣は最後まで集中力を切らさず、2-0の完封勝利。昨年9月1日にホームで行われた最終予選初戦で敗れたリベンジを果たし、首位サウジアラビアと同勝ち点の2位をキープした。3位オーストラリアとは勝ち点3差。4位UAEには勝ち点4差を付け、6大会連続のW杯出場に一歩前進した。

(取材・文 西山紘平)

●ロシアW杯アジア最終予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧
長谷部の17番を背に躍動の今野「荷が重すぎて付けたくなかった」
今野に絶賛の嵐!!香川「12人いる感じがした」ハリル「完璧な試合をした」
世代交代印象付ける1G1A…代表3戦目で初ゴールの久保「やっと貢献できた」
「経験」生かした神セーブ!川島「ああいう動きをしてくるのは分かっていた」
左足負傷の大迫「膝ではない。大丈夫でしょう」
「オカちゃんが見えちゃって」好機にパス選択の原口、最終予選5戦連発はならず
キャプテンマークを巻いた麻也「誇りになる1日だった」
ハリルJに根付く“戦術的な戦い” 長友&酒井宏が勝因に挙げた「オマル封じ」
「まさか7番をつけるとは…」倉田が“元7番”から受け取ったサプライズ
監督会見

TOP