beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

香川先制!岡崎50点目!久保連発!麻也ダメ押し!川島もPKストップでタイに4発完勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半8分に先制点を決めたMF香川真司

[3.28 W杯アジア最終予選 日本4-0タイ 埼玉]

 日本代表は28日、W杯アジア最終予選第7節でホームにタイ代表を迎え、4-0で快勝した。前半8分、MF香川真司のゴールで先制すると、同19分にFW岡崎慎司の国際Aマッチ通算50得点目、後半12分にもFW久保裕也の2戦連発となる追加点が決まり、同38分にはDF吉田麻也がダメ押しゴール。GK川島永嗣のPKストップもあり、2試合連続の完封勝利で最終予選3連勝を飾った。

 日本は23日のUAE戦(2-0)から先発2人を変更。負傷離脱したFW大迫勇也、MF今野泰幸に代わって岡崎とDF酒井高徳が先発した。センターフォワードの位置に入った岡崎は5試合ぶりの先発。酒井高は3試合ぶりの先発で、代表では初めてボランチの位置に入り、MF山口蛍とダブルボランチを組んだ。[スタメン&布陣はコチラ]

 日本が幸先よく先制に成功する。前半8分、DF森重真人のロングフィードから久保が右サイドのスペースに走り込むと、縦に仕掛けてゴール前にクロス。ニアの岡崎には合わなかったが、ゴール前中央で受けた香川が冷静なキックフェイントで相手をかわし、右足でゴール左隅に流し込んだ。

 相手GKが一歩も動けない技ありの先制点が、香川にとっては昨年6月3日のキリン杯・ブルガリア戦(7-2)以来、約10か月ぶりとなる国際Aマッチ通算28得点目。歴代単独6位の記録となった。その後もチャンスをつくる日本は前半19分、酒井高のサイドチェンジから右サイドにポジションを移していたFW原口元気がPA内にスルーパス。香川がヒールで落とし、山口が左足を振り抜いたが、GKの好セーブに阻まれた。

 それでも直後の前半19分に追加点を奪う。久保が右サイドから鋭い弾道のアーリークロス。これを岡崎がニアで捉え、得意のダイビングヘッドでゴール右隅にねじ込んだ。岡崎もブルガリア戦以来の得点となり、待望の国際Aマッチ通算50ゴール目。「一生ダイビングヘッド」が座右の銘の30歳が、代表初ゴールを決めた09年1月20日のイエメン戦から足掛け8年余りで釜本邦茂氏(通算75得点)、三浦知良(通算55得点)に続く史上3人目の快挙を達成した。

 岡崎は前半27分にも森重のロングフィードに反応し、絶妙なトラップからドリブルで切れ込む。ミドルシュートはDFのブロックに阻まれたが、果敢に追加点を狙った。同29分には右サイドでボールを持った久保がPA内に斜めのパスを入れ、原口の折り返しを香川が右足でシュート。決定的な場面だったが、シュートはミートできず、クロスバーを越えた。

 前半アディショナルタイムにはタイのCKからゴール前混戦となり、FWティーラシン・デーンダーがシュートを放つが、川島が左足1本でビッグセーブ。こぼれ球をMFアディサク・クライソーンが立て続けにシュートを打ったが、守備陣が体を張ってブロックし、ピンチをしのいだ。

 2-0で折り返した後半も立て続けにCKを与えた日本。後半6分にはCKのこぼれ球をMFチャナティップ・ソングラシンが強烈な左足ミドルで狙ったが、川島が鋭い反応で弾き出した。中盤でミスも目立ち、苦しい立ち上がりとなったが、23歳の新星が嫌なムードを振り払った。

 後半12分、右サイドからDF酒井宏樹のスローインを受けた久保がドリブルで中に持ち込み、ペナルティーライン手前から左足を一閃。豪快なミドルシュートをゴール右上隅に叩き込んだ。久保はA代表初ゴールを決めたUAE戦から2戦連発。3得点を演出する圧巻のパフォーマンスを披露した。

 日本は後半21分、最初の交代カードを切り、原口に代えてFW本田圭佑を投入。本田はそのまま左サイドに入った。同24分には中央で久保が岡崎とのパス交換から酒井高につなぎ、酒井が左サイドの本田へ。本田がドリブルでPA内左に切れ込み、そのまま左足でシュート。GKが前に弾いたボールに久保が詰めたが、惜しくも合わせられなかった。

 後半29分からは香川に代わってMF清武弘嗣がトップ下に入る。後半35分、本田の左クロスがDFに当たったこぼれ球をPA内の久保が右足ダイレクトボレーで狙うが、GKが好セーブ。それでも同38分、清武の左CKに吉田が頭で合わせ、4-0と勝利を決定づけた。吉田もブルガリア戦以来の得点で、最終予選は初ゴール。直後の39分、最後の交代枠で久保に代えてFW宇佐美貴史を投入した。

 日本は後半40分、自陣PA内でDF長友佑都がファウルを犯し、PKを与えるが、ティーラシンがゴール左を狙ったキックを川島が横っ飛びでセーブ。咆哮する背番号1のPKストップがタイの戦意を喪失させた。そのまま4-0の完封勝利をおさめた日本は5勝1分1敗の勝ち点16に伸ばし、試合前のサウジアラビアを抜いて暫定首位に浮上。タイは1分6敗となり、予選敗退が決まった。

(取材・文 西山紘平)

●ロシアW杯アジア最終予選特集
●ロシアW杯各大陸予選一覧
約10か月ぶりゴールで歓喜の咆哮!! MF香川「必ず結果を残したかった」
らしさ満点の通算50ゴール!!“呪縛”解いた岡崎「FWとしての感覚が蘇った」
「僕は突き上げる立場」本田の定位置で連発の久保、2試合で6得点中5発演出
「無失点は奇跡に近い」完封にダメ押しヘッドも“キャプテン麻也”に笑顔なし
「誰一人満足していない」 本田&香川&長友が感じた課題とは…
「何となく」PKストップの川島、6万観衆の「期待がパワーに」
途中出場でダメ押しアシストの清武「僕ができるのはリズムを変えること」
“ボランチ受難”の2連戦を乗り切った山口蛍の自覚「自分以外にハセさんの代わりはいない」
「少し勇気が足りなかった…」 ボランチ高徳、代表での“初体験”は反省しきり
「起こりえないミスもたくさんあった」…長友、“内容”に不満も“結果”が一番大事
「いくつかアイデアを与えた」本田と“ピッチ会談”のハリル、久保は「良い発見」
1歳下の久保に刺激受けた宇佐美「自分の理想を言えば…」
監督会見

TOP