beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

名古屋サポーター5名が敵地で暴走…殺虫剤持ち込み使用、相手を侮辱

このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋グランパスがサポーターへの処分を発表した。(写真は当日のものではありません)

 名古屋グランパスは31日、26日に敵地・松本平広域公園総合球技場で行ったJ2第5節の松本山雅FC戦において、サポーターによる「危険物の持込みおよび使用」および「侮辱的行為」があったことを発表した。

 クラブによると、該当者はアウェー自由席で観戦していた名古屋サポーター5名で、殺虫剤をスタジアム内に持ち込んで使用したほか、相手チームを侮辱する行為を行ったという。

 これらの行為について名古屋は「極めて危険且つ相手チームを侮辱する重大な違反行為」と判断。調査を進めて該当者を特定し、処分を決定した。該当サポーター5名には今後の名古屋のホームゲーム11試合の入場禁止。その間のアウェーでの試合や天皇杯なども含まれる。具体的な期間は4月1日の第6節の熊本戦から8月12日の第27節松本戦までとなる。

 クラブは「松本山雅FCの選手・関係者の皆さま、ファン・サポーターの皆さまをはじめ、多くの方々に対し多大なご迷惑をおかけし、深くお詫びを申し上げます」と謝罪。『ファン・サポーターの皆さまへ』と題した文章で遺憾の意を示すとともに、観戦マナーの厳守を呼び掛けた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ

TOP