beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“レスター劇場”はまだまだ続く…シェイクスピア、来季も監督続投か

このエントリーをはてなブックマークに追加

クレイグ・シェイクスピア監督は来季以降も続投か

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティのクレイグ・シェイクスピア監督が、来季も続投する可能性が高まってきた。英『デイリー・メール』が報じている。

 2010年にハル・シティに移籍したが、08年からレスターのアシスタントコーチを務めていたシェイクスピア監督は、17年2月にクラウディオ・ラニエリ前監督の解任に伴い、指揮官に就任。その後、破竹の勢いでレスターを復活させ、プレミアリーグでは5連勝と昨季の勢いを取り戻した。

 同紙によると、クラブ側はシェイクスピア監督の手腕を高く評価。長期にわたる指揮を望んでいるという。そのため、現在の契約では今季終了までとなっているが、来季以降もシェイクスピア監督がレスターを指揮することになるようだ。


●プレミアリーグ2016-17特集
●欧州組完全ガイド



TOP